カテゴリー :テクニカル・メンタル ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

| PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ダイバージェンスとは?

●ダイバージェンスとは?

オシレーターの逆行現象のことをダイバージェンスと呼びます。

ローソク足の高値が切り上がっている上昇トレンドなのに、オシレーターの高値は切り下がっているケースが該当します。
またローソク足の安値が切り下がっているのに、オシレーターの安値が切り上がっている場合もダイバージェンスです。

【ダイバージェンスの例】 

  diver



ダイバージェンスはトレンドの勢いの低下を示しており、トレンドの最終局面で出現しやすく、トレンド転換につながるケースがよく見られます。

ただしトレンド転換の明確なサインにはならないため、これ単体で売買するのは危険。レジスタンスやサポートと組み合わせるなど、別の根拠との併用が必須です。




●ダイバージェンスの条件

上昇トレンドの場合、右下がりになるオシレーターの始まりの位置がRSIなら70以上、ストキャスティクスなら80以上でなければいけません。
下降トレンドならRSIで30以下、ストキャスティクスなら20以下です。
この条件を満たしていない場合、ローソク足とオシレーターが逆行しても、ダイバージェンスが発生しているとは見なしません。



●オシレーターの設定

・RSI【9】
ダイバージェンスを見つけやすいものの、ダマシも発生しやすい。70で買われすぎ、30で売られすぎ

・RSI【14】
ダマシが発生しにくい分、トレンド転換時にダイバージェンスが現れないことも。70で買われすぎ、30で売られすぎ

・ストキャスティクス【%K(35)、%D(1)、SD(2)】
RSI【9】と似た反応に。80で買われすぎ、20で売られすぎ



●ダイバージェンスのポイント

オシレーターは買われすぎ、売られすぎを判断するツールで、買われすぎ、売られすぎのラインに到達したあとの勢い低下により、ダイバージェンスがつきます。
レンジ相場ではダイバージェンスがつきやすい傾向。
逆に勢いがありすぎる相場では、何度もダイバージェンスをつけたり、ダイバージェンスをつけたあとでトレンドが継続するパターンもあるので注意

応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

| テクニカル・メンタル | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

mmgb3 

≫ EDIT

フィボナッチ・リトレースメントとは?

●フィボナッチ・リトレースメントとは?

フィボナッチ・リトレースメント(以下FR)を用いた押し目・戻りポイントの予測は、私のトレードスタイルの核となるものです。

自然界に多く見られ、また建築様式などにも古くから取り入れられているフィボナッチ比率をチャート上に表示する指標がFRです。

【フィボナッチ比率】
23.6%
38.2%
50.0%(半値戻し)
61.8%
78.6%
100.0%
127.2%
138.2%
150.0%
161.8%
178.6%
200.0%







●フィボナッチ・リトレースメントの基本

チャート上のワンスイング(ひとつの山や谷)の高値と安値や、ひとつのトレンドの高値と安値を線で結び、フィボナッチ比率を表示させます。
この中で特に意識されやすいのが、38.2%、50%、61.8%です。



●38.2%

強い上昇や下降が発生したときには勢いがあるため、38.2%前後の浅い押し目や戻りを作りながらトレンドが継続してケースがよく見られます。
また押し目や戻りを作っている場面では方向感が見えにくく、ローソク足が横移動するように並んだり、フラッグやペナントのパターンが発生することも多々あり。
ただしこれらは、トレンドの終わりそうな場面でも出やすいため注意が必要です。


【38.2%が意識されたチャート例 その1】

大きく下げたあと、38.2%まで戻ってから再び下がりました。
38.2%の価格が戻り売りのポイントになった典型例です。

382-1 



【38.2%が意識されたチャート例 その2】

こちらは38.2%が上昇トレンドの押し目になったチャートです。
一度上昇してから、38.2%まで落ちて、そこからまた上昇しました

382-2 



●61.8%

トレンドの初期や安定して継続しているトレンドの場合、61.8%付近で押し目や戻りを作るパターンが多く見られます。
また61.8%まで戻っていく部分を短い時間足で拡大して見ると、小さなトレンドが発生していることが多く、このトレンドの終わり際を狙うと、61.8%を基準とした押し目や戻りを的確に狙うことができます。



【61.8%が意識されたチャート例 その1】

一気に下落したあと、61.8%が戻り売りの起点になっていることが確認できます。

618-1


【61.8%が意識されたチャート例 その2】

こちらも61.8%から再び下落トレンドが再開しています。

618-2


●フィボナッチ・リトレースメントを使用する際の注意点

38.2%と61.8%以外に、半値戻しとなる50%付近もよく意識されます。

ただしFR単体ではエントリーする際の根拠としては不十分なので、ダイバージェンスやチャートパターンと組み合わせて総合的に判断します。

なおFRを線(ライン)ではなく面(ゾーン)で解釈するのが私流の活用法です。

応援クリックをお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

| テクニカル・メンタル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

mmgb3 

≫ EDIT

簡単に使えるフラッグパターン♪【為替 予想】

わんこの現在のランキングは???⇒⇒にほんブログ村 為替投資情報
一日一回わんこに応援クリックをお願いしま~す♪


さて、今日は簡単に使えるフラッグパターンを紹介するワン
これは、経験が必要かもだけど、今後これらのパターンをよく観察すればいい感じに使えるようになるかも~♪

フラッグを意識し始めると、『ここから落ちそうだな~』『もう一回上げそうだな~』ってなんとなく分かるようになるので、挑戦してみて~♪

まずは、オーソドックスなフラッグ~♪
フラッグ

わんこの現在のランキングは???⇒⇒にほんブログ村 為替投資情報


そして、変則的な三角形のペナントっぽいフラッグ♪
フラッグ2

わんこの現在のランキングは???⇒⇒にほんブログ村 為替投資情報


この二つの考え方は基本的には同じだワン

これらの形を知ってる人は多いと思うけど、このトレードの仕方が重要だワン

通常通りにフラッグブレイクも全然問題はありませ~ん
ただし、フラッグはトレンドの最後の方に出ることも多いので思った以上に利幅が取れないことってな~い?

逆にいうと大きく上昇したり、下落した後は最後の上昇や下落のために出現することも多いってことだワン

わんこの場合はトレンド方向へ逆張り風にエントリーすることが多い~♪

なので、図で示したようにまずワンスイングでフィボナッチを引いちゃいます♪
そして、エントリーの目安になるのが、主に38.2%、50%、61.8%だワン
※フラッグ形成前の上昇や下落が大きい時は23.6%もあり~


問題はどのフィボナッチポイントするかなんだけど、それは下にダイバージェンスが付きそうなポイントを予測する必要があるワン
もちろん、この図が60分足だとすると同じ60分足で下にダイバージェンスが付くことはフラッグの場合はないので、15分足や5分足でダイバージェンスを探すようにしないといけないワン


不安な場合は、フィボナッチナンバーでダイバージェンスを付けて、止まって、ろうそく足で長いヒゲが付いたらって感じで自分なりのルールを決めるといいと思う~

もちろん失敗はあるけど、フラッグは慣れてくると勝率も上がってくるし楽しいからお勧め~

わんこがFXを始めた頃に、一番最初に『勝てるようになってきたな~』って思ったスタイルがフラッグだったのでトライする価値はあると思う~

出現頻度はそこそこだし、どの時間足でも使えるのでチャートで探してみてくださ~い
わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

| テクニカル・メンタル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

mmgb3 

≫ EDIT

基本的なトレンドの考え方でスキルアップ♪【為替 予想】

わんこの現在のランキングは???⇒⇒にほんブログ村 為替投資情報
一日一回わんこに応援クリックをお願いしま~す♪

週末のお休みいかがお過ごしですか~???
今日わんこは昼から無料のプライベートセミナーで~す♪
前に何度かお会いしてる方で、わんこのリアルタイムチャートを使ったリアルタイム分析のセミナーなんかにも参加してくれたことがある方なので、結構気心知れた仲(???)だワン

チャートパターンを教えてほしいってことなので、チャートのスイングや勢いから推進波か調整波を見分けて、そこからチャートパターンを割り出すコツをなんて思ってま~す♪

みなさんも興味があれば、スカイプで自宅でもOKなので検討してみてくださ~い♪

今日は前にもアップしたトレンドの考え方で~す♪

特に混沌とした相場の中では大きな時間足ではトレンドではなくても、小さな時間足ではトレンドだったり色々考え方でトレードアイディアも出てくるので何度も読んで参考にしてくださ~い♪

これを正しく理解すると、チャートを見る力が大きく上がるし、わんこの良く使いエリオット波動やフィボナッチを正しく使うための重要な基盤になるので、自分なりに理解した上で今後チャートを見て勉強してみてくださ~い♪

それでは、トレンドを簡単な図にしてみました~♪
トレンド説明
※クリックすると大きくなるワン

黒のラインで引いたのが、よくFXの本や商材にあるトレンドやエリオット波動の説明で見る5波動の動きのトレンドだワン
これって誰が見ても上昇トレンドだよね~

A地点の高値がB地点と比較して切り上がっていて、A地点の安値も同様にB地点と比較して切り上がっていま~す♪

『高値が切り上がって、同時に安値も切り上がっている状態』
これを『上昇トレンド』と言います~♪

ここまでは、よくあるトレンド説明だワン

さて、よくトレンド転換で勘違いが多いのは丸で囲った二つの地点を拡大したポイントの値動きだワン
赤のラインで引いたのが実際に動いた値動きだとすると、高値が切り下がって、安値も切り下がってるので下降トレンドに転換したって思ってしまう間違いをする人って意外と多いです。

それは、上で説明したトレンドを良く理解しているが故に起こしてしまう間違いだワン
トレンドの理解としては、間違っていないけど、二つのトレンドを混同してしまうことによる判断ミス♪

だけど、実はこの赤で引いたスイングは黒で引いているトレンドのスイングとは全く別のもので、言ってみれば黒で引いたものが大トレンド、赤が小トレンドってことになるの~

なぜなら、この拡大図では黒で引いた安値を割り込んでないから~♪
赤のスイングのような動きをしている時に、黒のスイング(トレンド)を判断するのに重要なのは黒で引いた高値と安値、図で言うと赤のスイングが始まる地点の高値とその一つ前の安値~
このどちらかをブレイクしないと黒で引いたスイングのトレンドが継続なのか、終わったのかは判断できないワン

拡大図で赤ラインの始まりの高値を越えれば、黒のスイングではトレンド継続、そして赤ライン始まりの一つ前の安値を割り込めば一旦上昇トレンドは終了ってことになりま~す♪
※だから、赤のスイングの値動きは一切トレンドの判断には考慮する必要はありませ~ん♪

わんこがよく使う手法は、この黒のワンスイングにフィボナッチを引いて、そして赤のラインのスイングパターンを見ながらトレンド方向にポジションを持つってトレード手法~♪

そして、仮にこの5波動が終了した時には、黒の最安値と最高値でフィボナッチを引くんだけど、これは結果的にはもっと大きく取ったスイングのワンスイングになるってこと~

トレードや分析はこの大小様々なスイングの集合体なので、的確にそのスイングを引いて、大きさを理解することが重要だワン

実際のチャートでは、こんな感じ~♪
トレンド説明チャート
※クリックするとチャートが大きくなるワン

これはポンド円60分足チャートなんだけど、黒のラインが大トレンドのスイングで、赤ラインが小トレンドのスイングだワン

今回は赤ラインをトレンドの調整ポイントでしか引いてないけど、これはトレンド方向への動きの時でも同じで~す♪

調整の下落時のパターンは様々で綺麗にジグザグで落ちるパターン、このポンド円チャートの上の方みたいに横にスイングするパターン、それ以外にペナントやフラッグ、色々ありま~す♪

これらの、パターンは今後も紹介していきたいと思うけど、今回はこのスイングの大きさによるトレンドの判断をしっかり理解してほしいワン

それでは、明日からまた頑張ってチャート分析しようね~
それと、明日からに向けての分析結果もこの後にアップするのでお楽しみに~♪


無料メルマガ始めました~♪
↓↓↓購読はこちらをクリック

ここ掘れワンワン!予想屋わんこのメールマガジン


わんこが書いてるコラムも見てくださ~い♪
↓↓↓わんこのコラムはこちらをクリック♪

BILLWELL証券ホームページ


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

| テクニカル・メンタル | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

mmgb3 

≫ EDIT

正しい資金管理法でFXで勝つ♪【為替 予想】

わんこの現在のランキングは???⇒⇒にほんブログ村 為替投資情報
一日一回わんこに応援クリックをお願いしま~す♪


一週間お疲れ様でした~
またまた資金管理を書いちゃうワン

何度か資金管理のことをアップしたんだけど、これは本当に重要なことなので、もう一回アップするワン

一度読んだ人ももう一回確認・復習して自分の中に擦り込むことをお勧めするワ~ン

これって、凄~く重要でトレードのロジックが良くても資金管理が出来てないと勝てな~いなんてことや、資金管理さえしていれば勝ててるトレーダーっていると思うワ~ン

それに99%メンタルだった言われるトレードで、そのメンタルの助けになるのも資金管理~♪


通常トレードする時ってどうやってポジション量を決めてるかな~?


人によってだと思うけど、いつも同じポジション量の人や実質有効レバレッジを見ながら決める人、感覚って人もいるかも~、いけそうだから多めに~とかね


実はね
資金管理をしっかりすることがトレードを安定させたり、資金計画や目標を決められたり、目指すべき勝率ってのが分かったするので、凄~く重要なんだ~



重要なのはパーセンテージで資金の損失額や利益額を管理することなんだワン


それって?
そう、銀行の金利やファンド、投資信託の年利とかってパーセントで表すでしょ?
それと一緒だワ~ン


まず、自分の1回のトレードで証拠金に対して許容できるパーセンテージを決めるワン
だいたい1%~2%だね^^



ちなみにわんこが行ったのは徹底的に1%でやってから、徐々に上げていくって方法だワン
ただね、むやみにこれを変えるのは良くないの
せっかく2%まで上げたのに調子が悪いから1%に落とすとか、逆に負けこんで取り返すから上げるとかは絶対ダメ~
徹底したルールのもとで行ってね


例えば100万円の証拠金で許容損失(リスク)を1%でトレードをする場合・・・

100万円の1%は・・・10000円~(ワンワン♪)


なので、1回の損失を10000円以内に抑えるトレードをしないとダメだよね^^
それで、いざチャートを見てトレードをしたいって時にはエントリーの位置とストップの位置をまず決めるワン



豪ドル円をトレードしようとする時にストップ幅が24pipsだったとするとポジション量はどのくらいかと言うと・・・1万通貨でトレードした場合のストップ24pipsの損失額を計算するワン


100円(クロス円1万通貨あたりの1pipのバリュー)×24pips(ストップ幅)=2400円になるの^^


それで、許容できる損失が・・・1%=10000円だから・・・

10000円 ÷ 2400円 = 4.16 となるので・・・四捨五入で4万通貨ペアの取引が可能ってこと


じゃ、ドルストレートの場合は?
ユーロドルでストップ幅が同じように24pipsだったとするね

まず、ドル円の時と同じように1万通貨あたりで24pipsだとどのくらいの損失になるか計算するワン
ドル円が81.50円だったとすると・・・ドルストレートの1万通貨あたりの1pipのバリューは現在のドル円レートになるので・・・



81.50円(ドル円の現在レート)×24pips(ストップ幅)=1956円になるワン


それで、許容できる損失はさっきと一緒で・・・1%=10000円だから・・・


10000円 ÷ 1956円 = 5.11 となるので・・・四捨五入で5万通貨ペアの取引が可能ってこと


こんな感じで毎回ポジション量を計算すれば、損失はいつも証拠金に対して一定のパーセンテージになるワン

こうやって、ポジション量を決めることが重要だワ~ン



あとは、リミットなんだけどストップの幅に対して1.5~2倍になるように、これも倍率を固定するといいワン

なぜって?

1回の損失を1回の利益でカバー出来て、なお且つプラスになるからだワン


これだと、勝率が5割あればトータルで負けることはないってこと♪


例えば許容損失1%でリミットを2倍に設定した場合は、損失はマイナス1%で利益がプラス2%って分かり易くなるよね。


勝率5割を目指して、月のトレード回数がある程度分かれば、資金に対してどのくらいの利益になるかって予測も出来るようになるの


それをベースにして勝率や損失1:利益2になることを目標にロジックの練習や検証をしたり、すでにそれがあるなら一定期間のトレードプランを立てて、目標金額なんかも立てられるよね
1年間で何%くらいの利益となるかも計算できるって訳だワ~ン



それにね
これだと、損失が100pipsだろうが20pipsだろうが損失額は一緒なの
だから、単純に各トレードの獲得pips合計がマイナスでも、金額ではプラスってことがあるワン

だってストップ20pipsのトレードで2回勝つとリミット2倍だったら40pips×2でプラス80pips
だけど1回100pipsの損失があったら80pips-100pipsでマイナス20pipsだけど、金額では利益が2回で4万円、損失が1万円だからプラス3万円になるよね



もちろん獲得pipsでプラスでも金額ではマイナスってこともあるワン
資産管理表

資金管理した場合とそうでない場合の両方のシミュレーションなのでクリックして確認してみて~♪

こんな感じでわんこは資金管理をしてるの~(ワンワン)


是非是非試してみて~


無料メルマガ始めました~♪
↓↓↓購読はこちらをクリック

ここ掘れワンワン!予想屋わんこのメールマガジン


わんこが書いてるコラムも見てくださ~い♪
↓↓↓わんこのコラムはこちらをクリック♪

BILLWELL証券ホームページ


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ

| テクニカル・メンタル | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT