米雇用統計で考えられる今夜のドル円シナリオ【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

米雇用統計で考えられる今夜のドル円シナリオ【為替 予想】

わんこの現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今日は雇用統計ですね。
昨日のECB(ユーロ)の政策金利発表から少し流れが変わりましたね。
金利は据え置きだったんですが、デフレや追加の緩和に関するコメントによりユーロが買われ全体的にリスクオンの形になったようです。

そして、今日の雇用統計で更なる上昇か、それとも弱い結果で戻されてしまうのかに注目です。

先月発表の雇用統計が非常に弱い結果になり、それ単体では大きな材料としては弱かったものの、弱い結果が続くとやはり強く意識され始める可能性があります。

さらにこの時期は毎年天候に左右される部分もあり、そのあたりを含め市場が出た結果に対してどう判断するかですね。


今のところの市場予想としては、下記の通りです。


非農業部門雇用者数 7.4万人増(先月) 18.0万人増(市場予想
失業率         6.7%(先月)    6.7%(市場予想

予想はよい結果となっていますが、その分サプライズが起こるとなると下方向の方がインパクトが大きそうですね。
そして、現在市場は上方向への動きに疑念を抱いている状態だけに注意です。

現在、ドル円は昨日から上方向にようやく向かい始めました。
一時は弱いスイングを形成していましたが、ようやく強いスイングが出てきたということで、ここからもう少し上方向に向かう可能性が考えられるんですが、ただし雇用統計の結果でどうなるのか・・・

雇用統計ということでトレードはしないものの、やはり気になりますね。
今月も勝手に予想をしようと思います。

それでは、ドル円チャートを見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140207ドル円240分足
わんこの現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

昨日までは上方向に向かうスイングが非常に弱かったんですが、昨日からのスイングでようやく強さを取り戻したという感じですね。

そういう意味では、雇用統計なしで考えれば、ここから続伸の可能性が高いかなと思っています。
現在、直近のワンスイングに対してのフィボナッチ61.8%を付けていますが、この時点で240分足、60分足でもダイバージェンスは付けていません。

強く下に叩かれることなく、以前形成していた三角形の下限を回復していることを考えると強い状況が少し戻ってきたなという印象です。

このチャートで意識されやすいポイントとしては丸で囲った、以前の下落の直近の高値がまずは意識されそうです。
ただし、もちろんその手前にも意識されるポイントはあり、それは現在レート付近の102円です。
このラインはフィボナッチ61.8%とも近い場所にあり、ここが反落のポイントになるのか、それとも調整ポイントになるのかが重要なんですが、60分足で現在レート付近での動きを見ていると、上方向への続伸を示す調整の形になっているようにも見えるので、可能性としては現在のポイントでは調整の動きとなり、続伸の可能性があります。

ただ、現在の揉み合いが雇用統計までブレイクされないとなると、どちらにブレイクする可能性は出てきますね。
形的には上方向です!

それでは、60分足も見てみましょう。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140207ドル円60分足
わんこの現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

先ほど書いたように、現在の調整の動きが雇用統計前までにブレイクされないとどちらにブレイクする可能性もある状況ですが、形がきれいなので雇用統計前までに一旦はブレイクするのでは?という感じに見えます。

ただ、雇用統計時に予想される動きとしては基本的には同じかなと思っています。

今回は今の調整を雇用統計前にブレイクして続伸、そして雇用統計という流れを前提にシナリオを書いてみました。

仮に弱かった場合には、下に向かいます。
この時に一気に安値を割り込むようなことはないかなと思っています。

問題は弱い結果を受けた後の動きです。
そこで、長い下ヒゲを付けて反発するようなら、その後戻ってくる可能性はあります。
ただし、下方向に留まって上値が重いようであれば、逆に続落の可能性があるため、一旦の下落後の反応を見てからの判断かなと思っています。
可能性としては、反発でヒゲを付ける可能性の方が高いかなと思っています。

また、仮に強い結果が出た場合には、素直に上方向に向かうかなと思っています。
その時の上値のターゲットですが、PivotのR1(102.45)、そしてPivotのR2(102.75)付近は意識されそうです。
さすがに今の流れでR3までの上昇は厳しいかなと思っています。
というのも、R3の手前には103円回復という大きな壁があります。

仮に強い結果になった場合にはPivotに注意しながら103円手前というところでしょうか!

さて、この2つ(3つ?)の可能性を考えていますが、個人的には市場予想が非常に良いということで、振れ易い方向を考えても前者の弱い結果で、さらに一旦下に向かってから下ヒゲをつけて反発のシナリオですかね。

まぁ、今日の雇用統計はトレードは控えつつも、その動きをしっかりチェックして、来週に備えましょう!!!

それでは、残り1日頑張りましょう!!!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
画像をクリックして応援クリックをお願いします♪


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

お名前(名字のみ可) ※必須
 
メールアドレス
 



わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1701-5ba3fbf0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT