ドル円反発も102円回復が限界!?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円反発も102円回復が限界!?【為替 予想】

現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円が101円前半のポイントから反発ですね。
このサポートラインはかなり強く意識されていて、実はダイバージェンスを付けにもう1回の安値トライはあるのかな?と見ていたんですが、思ったより早めに反発していきました。

タイミング的にもダウが昨日はプラスで終値を迎えたという部分が大きいですね。

ただ、昨日の動きを見ていると101円の安値近辺でかなり激しい攻防があり、そこでは売り圧力も頑張っているなという印象です。
そういう意味では、ここから一本調子で上昇というのは難しい状況ですね。

そのドル円ターゲットですが、現在はまた102円回復を目指して上昇中ですね。
この近辺が、現在の上昇のターゲットになりやすいため、現在の状況で考えるとそこまでの間で形成される続伸パターン、そして高値近辺でのダイバージェンスに注目かなと思っています。

それでは、ドル円チャートを見てみましょう。


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140520ドル円日足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

昨日101.09という安値を付けて直近の安値は抜いたものの日足チャートで終値を確認してみると下ヒゲになり終値ベースでレンジ下限付近になるサポートを抜けられなかったという形ですね。

これで一旦の戻りが発生する可能性が高い状況ですね。

ただ、この日足チャートでの今後数日の上方向の動きには注目しておきたいですね。
特に現在はボラティリティが低下しており、上昇するにしても小さなボディのろうそく足でジリジリ上昇する展開となると再び安値をトライする可能性が高くなってきます。

それを確認するためにも、日足チャートでのチェックは重要ですね。

また、240分足では昨日ダイバージェンスを解消して、ここから勢いをつけるかな?という状況から反発しており、その後ヒドゥンダイバージェンスが付いています。
このヒドゥンダイバージェンスは再度安値トライをする可能性が高いサインであることを考えると、やはり一旦の戻りがあり現在の上昇が落ち着くと一旦下方向に向かう可能性が高い状態であり、まずは上値ターゲットまでの短期買い戦略から上に向かったところで売り戦略かなと思っています。

このあたりは60分足で見てみましょう。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140520ドル円60分足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足チャートでも240分足と同様にダイバージェンスを付けずに反発してきました。
このまま抜けてくれる状況であれば、逆に分かり易かったのかもしれませんが、またレンジに戻されたという感じですね。

現在はスイングを伴っての上昇になっていますが、上値ターゲットは冒頭でも書いたように102円近辺が限界かなと思っています。
その理由としては、直近の下落に対してのフィボナッチ(黒)の61.8%~78.6%が101.87~102.08になっており、この付近は意識される可能性が高いからです。

ただ、勢い的には巻き戻しの上昇といったイメージでこの60分足で上値にまだダイバージェンスはついていません。

そういう意味では、現在の上昇から一旦の下方向への調整が入って、フラッグを欧州やNY時間に向けて形成する場合には、買い検討してもいいかなと思っています。

その押し目のターゲットはフィボナッチ(青)の23.6%(101.47)~38.2%(101.40)付近かなという感じですね。
あくまでも買いに関してはパターン形成時限定というイメージですが、短期買い、そして上では売りといった感じですね。

明日の水曜日は日銀金融政策決定会合の結果が公表され、さらに夜中(厳密には木曜の早朝)にはFOMCの議事録公表があります。
このあたりは非常に強く意識される可能性があり、それまでは動意に欠ける様子見ムードとなる可能性もありますが、しっかりチャートをチェックしておきたいですね。

それでは、今日もがんばりましょう!!!


にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
画像をクリックして応援クリックをお願いします♪


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

お名前(名字のみ可) ※必須
 
メールアドレス
 



わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1791-42d66f9f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT