ドル円直近のシナリオと長期で市場が見ている方向性【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円直近のシナリオと長期で市場が見ている方向性【為替 予想】

現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。
ドルが強い状態は継続しており、株価も反発中ですね。

特にダウは17000ドル台をつけて推移していることから、今後17000ドルをキープできるかがポイントになってきそうです。

ドル高の原因については一昨日、昨日とFRBのイエレン議長の議会証言であり、現在の材料難から抜け出すきっかけになることを期待したいですね。

それを実現するためには、もっと具体的な材料が必要であり、現状ではやはりレンジ内での動きを想定しての戦略しかない状況ですね。
今年の初旬から続くレンジをブレイクするためには、もう少し時間がかかりそうです。

まずは現状で考えれば102円回復がドル円のターゲットという感じでしょうか。
最近は市場センチメントがコロコロと変わる状況であるため、そのあたりには注意が必要ですが、現在の勢いや流れをしっかりチャートでチェックしましょう。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140717ドル円240分足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では先週から上昇してきており、現状で上値にダイバージェンスはない状態です。
さらに昨日高値をつけた後は、調整に入っていますが、ジリジリと下落する展開になっており、ダイバージェンスなしである状態を勘案するともう少し上方向をトライする形になりそうです。

そして、昨日からご紹介している上値ターゲットですが、フィボナッチ61.8%(101.79)~78.6%(101.99)が意識される可能性があり、まずはここまでの上昇というところかなと思っています。

その後、このポイントを抜けて102円を回復できるかどうかがポイントになりそうですが、このターゲットゾーンの中には日足の200日移動平均線が収まっています。

200日の移動平均が101.88付近ということで、現在レートから上昇し、ダイバージェンスをつけ、その後調整に入り、その調整から102円回復できるかどうかというところでしょうか。

今日という意味では、まずは現在の調整からの押し目を狙った短期買い戦略か、今の上昇トレンドが一旦終了した後の深めの押し目を待っての買い戦略がいいかなと思っています。

いずれにしても101円ミドル近辺での買いというイメージですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
140717ドル円60分足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

このチャートでは昨日からの下落で三角形を形成しているように見えます。
そして、この三角形自体は調整の動きに見えるため、昨日からの下落ではこの60分足のトレンドは一旦終了をしているものの、この三角形をブレイクして再び高値を目指す可能性は高い状態といえます。

そこで、下値のターゲットですが、先週からの上昇全体で引いたフィボナッチ38.2%が101.50にあります。
ここまで下落してくると、下値にダイバージェンスをつける可能性が高く、買いを検討していきたい感じですね。

また、今日のPivotですが、S1が101.59、そしてS2が101.52、さらにS3が101.43というポイントです。
これらも下落のターゲットになりうるという意味では、やはり101円ミドルを目安にできそうです。

今日はNY時間に雇用関連の指標(失業保険関連)があり、これらは注目される可能性があります。
この時間帯の突発的な動きには注意が必要そうですね。

さて、現在は材料難ということで流れができていません。
ただ、市場全体は基本的に同じ方向を見ており、将来的なドル(米国)の利上げは確実に実施されると思っているはずです。
場合によっては1年以上先になる可能性はあるものの、利上げ時期が早ければ短い期間で動き、遅れれば方向感のない状態を挟みつつ時間をかけて動くという違いであり、ターゲットは同じであるということは頭にいれておきたいですね。

それでは、今日も頑張りましょう!!!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
画像をクリックして応援クリックをお願いします♪


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

お名前(名字のみ可) ※必須
 
メールアドレス
 



わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1841-ea6a2610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT