ドル円大幅下落、底打ちと続落の分岐点と今後の展望【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円大幅下落、底打ちと続落の分岐点と今後の展望【為替 予想】

現在のランキングは???⇒⇒ 為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』



こんにちは、井手慶之です。

昨日は米国の小売売上高、その他指標が全体的に弱くドル円が大きく下落、そして為替相場全体としてドルが売られる展開となりました。

ドル円は一時105円台前半まで急落し、現在は一旦落ち着いているといった状況です。
先日までの上昇が嘘のようですが、この市場結果でさらに利上げ観測が後退していることは間違いないようです。

そして、気になるところでは昨日の急落後に比較的長いヒゲをつけていることから、ここから反発するのでは?というところですが、反発しヒゲをつけた後の動きを見る限りでは、相変わらず上値は重く、もう1回下をトライする可能性は残されているかなと思っています。

特にこう言った売り相場ではセリングクライマックスという言葉もあり、一度底を打ったと思わせるような下落後に最後の下落が来ることが多く、今後は少し慎重に現在の安値からの反発の動きを見ておきたいですね。

また、今後引き続き米国指標の市場予想と結果には注目しておく必要がありそうです。

それでは、ここまでのドル円の動き、そして今後のポイントをチャートで見てみます。


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
141016ドル円日足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

110円を達成してからは、大きく縦方向に下落している展開の日足チャートですが、昨日の下落で105.78のフィボナッチ50%を達成してきました。

そして、この日足ベースで、まだダイバージェンスをつけていない状況です。
RSIの値自体はすでに30を割り込んできているので、勢い自体は下方向につけている状態ですが、今後のドル円の推移が上値が重く、回復が遅い状態となると、再度安値を割り込む可能性が十分に考えられます。

また、意識されるポイントですが、昨日の時点でフィボナッチエクスパンション200%を達成、このポイントはフィボナッチ50%(105.78)に近しいポイントですが、ここからさらに安値を更新するとなるとフィボナッチ61.8%(104.77)、その近辺にはフィボナッチエクスパンション261.8%(104.45)もあるため、次のターゲットポイントは104円ミドルになる可能性があります。

まずは現在のポイントを下抜けられるかが問題ですが、下値のターゲットもしっかり頭に入れておきたいですね。
現在止められているポイントは昨年末につけた高値のポイントだけに意識はされています。
このポイントを下抜くと勢いをつける可能性も考えられるので、まずはこの近辺での動きとチャートの形に注目です。

それでは240分足チャートも見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
141016ドル円240分足
現在のランキングは???⇒⇒為替日記ランキング
こっちの現在のランキングは???⇒⇒人気ブログランキングへ

240分ドル円日足チャートです。

昨日の下落でこの240分足ではヒゲをつけてきました。
ダイバージェンスはつけていないものの、昨年末の高値で守られたといった感じですね。

このポイントを抜けてしまうと、一段下のレンジという分岐点だけに意識されていますが、問題はここからの上値の重さです。

ジリジリと上昇する展開になってしまうと下ヒゲをつけているとはいえ、再度安値を更新する可能性は十分に考えられます。
また、ここから反発をするにしても、こういったケースでは安値更新はできないものの、一度は安値をリトライする下落が起こりやすい相場環境です。

そういう意味では、直近の戦略としては基本は短期戻り売り戦略で直近の下落のフィボナッチ38.2%(106.06)~50%(106.33)、そして61.8%(106.60)近辺までの戻り方が弱いというのを確認しながらの戻り売りというイメージです。

直近の安値近辺までで最低限の利幅を確保できるような形で短期売り検討、そして伸ばせるな大きな陰線をつけての下落となった場合は先ほど紹介した次の下値ターゲットまで伸ばし、さらに安値をトライに行った際に安値近辺でヒゲをつけるということであれば、買い検討かなと思っています。

チャートを見ていると昨日の大きな下落で、これで材料だしつくしかな?という雰囲気はあるものの、下方向への勢いが強いことも事実です。

両方の可能性を考えた上で、レートの動き、チャートの形をしっかりチェックしていきたいですね!

それでは、今日もがんばりましょう!!!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
画像をクリックして応援クリックをお願いします♪

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前とメールアドレスを入力し、登録ボタンを押してください

お名前(名字のみ可) ※必須
 
メールアドレス
 



わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1919-eb1e610a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT