ドル円117円ミドル注目ゾーンと押し目買い判断ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円117円ミドル注目ゾーンと押し目買い判断ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は日本は祝日でしたが、荒れた展開になったという印象ですね。
ドル円が一旦上に反発した後、大きく下落するといった非常に不安定な相場環境が続いています。

長期の調整に入るとこういった相場環境になることが多く、以前とは明らかに相場環境が変わったということで注意しておきたいですね。

昨年の夏くらいまでの相場環境と同じように日替わりで方向感が変わるかもしれません。
そういった相場環境ではもみ合いの中を取る短期の中途半端な位置でのトレードについてはシンプルにきれいなパターンだけに絞って、メインは長期足での押し目となる可能性があると思われるポイントを中心にする方がうまくいくことが多いので少し視点を変えてみるのも一つの方法です。

ドル円下落の要因はやはり賃金の推移が思わしくないことが原因であり、株価も下落しています。
現在のポイントはやはり下方向のどのポイントで止められ反発するかですが、昨日の動きを見ても少し深めに押す可能性は考える必要があり、下値のターゲットはしっかり整理しておきましょう。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150113ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

大きく乱高下しながらきれいではないものの下降トレンドを形成してきている240分足チャートです。
戻りが深い下降トレンドでありトレンド全体が調整トレンドである可能性は高いものの、現在は下方向への動きが進行しています。

よって、今後の戦略としてはこの下降トレンドを取るというよりは、この調整の下降トレンドが終わって上に反発するタイミングを狙った方が良さそうです。

ただ、この240分足で微妙にダイバージェンスはつけてきているように見えるものの、RSIが一旦50を上抜いたこと、そして60分足ではまだダイバージェンスがついていないのが気になります。
さらに、現在まさに下方向へ勢いをつけていることを考えるともう少しの下落は考えておく必要があります。

そして、下値のターゲットですが、ここ最近お伝えしているポイントであるフィボナッチ(青)の61.8%である117.56近辺は意識されそうです。
現状では大きな陰線をつけてきているため、このまま大きな陰線を形成したまま、このポイントをつけると更なる続落の可能性が出てくるため、ゾーンとしては61.8%(117.56)~78.6%(116.67)というゾーンで見ておいた方が良さそうです。

ドル円が日足や週足レベルで三角形の保ち合いになるのであれば115.55の安値よりも上で底を打って上昇する可能性があることを考えるとゾーン内での下値のダイバージェンスや下ヒゲをしっかり確認しながら買い検討をしていきたいですね!

そして、60分足でももう少し下落しそうな雰囲気なので、60分足チャートも見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150113ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

今現在はした 方向に非常に強い勢いで下落しています。
そして、現在の下落単体ではまだダイバージェンスはついていない状況です。

よって、現在の下落が仮に一旦落ち着いたとしても青ラインで引いたように、一旦上に調整をした後にダイバージェンスをつけにいくような続落の動きが起こる可能性があります。

この動きによって、240分足と60分足でダイバージェンスをつけるおうな展開になれば買い検討ができそうです。
ただ、勢いが強い時というのは何度かダイバージェンスをつけることも多く、、場合によってはヒドゥンダイバージェンスをつけて続落という流れも考えられます。

そういう意味では、下値でのダイバージェンスやヒドゥンダイバージェンスを含むRSIとろうそく足での反応には十分注意したいですね。

そして、仮にこのまま61.8%をつける、または下抜けてしまった場合ですが、それでもゾーン近辺またはゾーン内で青ラインのようなダイバージェンスをつけるような動きが起こる可能性があり、そうなると61.8%をオーバーシュートする可能性もあるので、61.8%だけに注目するということではなく、しっかりRSIやレートの動き(スイング)もしっかりチェックですね。

ゾーン内のPivotS2の117.35も意識される可能性があり、まずは117円ミドルから前半、そこを抜けると116円ミドル、さらに下には115円ミドルという順番で意識される可能性の高いポイントが並んでいるという感じで見ています。

不安定な相場を生み出しているのは、年末前までの強い動きで巻き戻し易い状況になっていることを原因の一つです。
少しゆったりとした気持ちで下で順次トライするくらいの気落ちでもいいかもですね。

それでは、今日も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1991-697e77b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT