スイス発の混乱!今後のドル円展望と下落ターゲットは?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

スイス発の混乱!今後のドル円展望と下落ターゲットは?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日はスイス発のサプライズで荒れた相場になりました。
その理由としては、スイスの中央銀行は今まで対ユーロ(ユーロスイスのレート)でスイスフラン高の抑制のため1.2000というところを下回らないように調整をしいて、下回ると介入するということを続けていました。

その1.2000という上限を撤廃したということで、一気にユーロスイスが売られる展開となり、結果的にはユーロ全面安となり、各通貨ペアにも影響したという流れです。

一部ではユーロの追加緩和に対する対応という声も聞かれており、それもユーロ安を後押ししています。

そして、ドル円ですが、ユーロ安になったことによる不安が広がりリスクオフ方向、金利の低い円が買われる展開になっています。
円がいまだに安全通貨?
と思われる方も多いと思いますが、どちらかと言えば買いポジションのクローズが進んだという流れなんだと思われます。

ただ、昨日から株価も下落しており、ドル円は昨日直近の安値を下回ってきました。
よって、もう少し押し目を作るため、下落する可能性があるかなという感じに変わってきましたね。

そういう意味では、短期で続落パターン形成で売り、そして下値のターゲットでの反応を見ながら買い検討かなという戦略に修正したいと思っています。

ドル円は日足チャートでは昨年の終わりの高値後の安値までは割り込んでいませんが、今後その安値と115円、そして114円台ミドルに注目されるポイントがあり、そのあたりを中心に今後の展開を考えていこうかなと思っています。

ということで、現時点でのドル円チャートを見てみましょう。


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150116ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

ドル円日足チャートですが、月曜日につけた比較的長いヒゲをつけた安値は昨日からの下落で割り込んできています。
昨年12月16日につけた安値の115.55までは割り込んでおらず、現状では高値近辺でのもみ合い継続という感じですね。

その中で気になるのが、ドル円は昨日の下落でRSIが30をつけてきていることです。
30をつけることで下方向への勢いが強いことを示しており、下方向にヒゲがつけば、それでも反発の可能性が考えられたんですが、下ヒゲをつけない状況であることを考えると、もう1回下方向をトライする可能性があるかなと思っています。

その下落で安値を更新してダイバージェンスをつけるという流れですね。

その際の下値のターゲットですが、もちろん12月16日の安値の115.55は強く意識される可能性があります。
ここを下限にもみ合いという流れは考えておきたいですね。

ただ、先ほどのRSIでのダイバージェンスを考えれば、この近辺で反発するにしても、一度115.55を割り込んでヒゲでも戻される展開になるかもしれません。

そして、その下値のターゲットですが115円ラウンドナンバー、さらに昨年の高値から115.55までの下落をエリオット波動の調整波であるA波だとすると、現在の下落がC波である可能性があり、そうなるとフィボナッチエクスパンションの100%である114.56がターゲットになります。

よって、今後続落して115.55を割り込み、114.56までの約100pipsの間での反応とダイバージェンスには十分注意したいですね。
このあたりが長期足での一旦の上昇スイングへの移行ポイントになり、買い場となる可能性があります。

続いて、240分足チャートも見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150116ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足チャートでは下値に既にダイバージェンスをつけてきています。
よって、そろそろ勢い自体は低下しているかなという状況ですが、日足ではダイバージェンスはなく、さらにこの240分足チャートでもヒドゥンダイバージェンスがついてくる可能性が高い状況です。

そうなるともう1回の続落がある可能性があり、少なくとも昨年12月16日の安値はトライに行く可能性を考えておきたいですね。

すでにダイバージェンスがつき、尚且つヒドゥンダイバージェンスがつく可能性があることを考えると直近のワンスイングで引いたフィボナッチ(赤)が目安になりそうです。

まず38.2%の116.66は意識されそうです。
このポイントまでにジリジリと上昇してフラッグ形成をするのであれば、日足でお伝えしたターゲット付近までの短期売り検討は考えてもいいかなと思っています。

また、ダイバージェンスがついているだけにもう少し深く戻す可能性も頭に入れておきたいですね。
荒れた相場なので思った以上に戻る可能性を考えれば、浅いポイントはフラッグ形成を必須とする条件にしながらメインはこちらの深い戻りで考えたいかなという状況です。

その戻りが赤ラインで引いたようにフィボナッチ61.8%の117.14~78.6%の117.49になります。
このゾーンは一つ大きなスイングのゾーンの23.6%~38.2%とも重なっているポイントであり注目です。

このままスイングをつけずに続落の場合についても、一旦の戻りを待ち、その後フィボナッチを新安値に引き直してあくまでも短期で戻り売り、長期的な部分では下値ターゲットでの買い検討といういう戦略ですね。

今は相場の中心がユーロにあり、ドル円下落ということであれば、もちろんユーロ円は大きく下落します。
ドル円だけでなく、ユーロ円を含むユーロを中心とした通貨ペア選択も忘れずに行いたいですね。

それでは、今日も頑張りましょう!!!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/1994-ca285ce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT