米雇用統計で考えられるドル円のシナリオ【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

米雇用統計で考えられるドル円のシナリオ【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今日は月一回の注目イベント、米雇用統計ですね。
市場の注目は米雇用統計に集まっており、この結果次第で今後の流れが出来るかもしれないですね。

この時期の雇用統計ですが、比較的弱い結果になることが多いというのが私の印象です。
どうしても、この時期は米国が悪天候に見舞われやすいということもあり、弱い結果が多いようなイメージですが、逆に悪天候で弱い結果になった場合には、さほど材料視されないこともあるので、頭に入れておきましょう!

いずれにしても、指標関係はその結果の数値的な強さ、弱さよりも、結果に対して市場がどう評価するかがポイントになるので、その反応を見て判断していきたいですね。

為替相場や株式相場含め、今日は様子を見ながら結果を見てから判断が良さそうですね。
基本、私の場合米雇用統計は何もせずなので、結果を楽しみに待ちたいと思っています。

そして現在の市場予想ですが・・・

非農業部門雇用者数 前回:25.2万人増 市場予想:23.0万人増
失業率           前回:5.6%     市場予想:5.6%

前回よりは弱い結果が予想されており、市場心理的にも経済成長を控えめに評価する風潮があるようですね。
強い結果となればドルが買われ、弱い結果になれば売られる展開ですが、大きな流れが上方向というドル円で弱い結果が出た場合、ドル円は下でサポートされるかどうかがポイントです。

逆に強い結果になった場合には、上値がどこまで伸びるのかがポイントになってくるため、日足のフラッグ上限近辺や意識されるポイントでは調整することを前提に考えたいですね。

どちらの結果になっても基本は買い場探しですが、個人的には下に向かうサポートされる結果の方がトレードとしては考えやすそうかなというイメージかなと思っています。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150206ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

現在のドル円ですが相変わらず日足のフラッグの中で推移しているといった状態です。
方向感としては乏しい展開ながら気になっているのが、昨日(2月5日)ドル円は安値をトライして若干反発しています。

ただ、その反発が非常に弱くもみ合いながらの上昇となっており、この形だけを見るともう1回下をトライする可能性がある形を形成しています。

よって、仮に米雇用統計で下ということになると、当然もう1度安値をトライして116円台をつける可能性も考えておかなければいけない状態に見えます。

その下落で直近安値近辺で守られるのか?
それとも下に向けてしまうのか?
によって、今後の動きが変わる可能性があり、抜けた場合は115円台トライ、ヒゲで戻されるようであれば買い検討かなという感じですね。

逆に上に向かった場合は118円回復がまず第一の関門で、ここできれいに調整をするのであれば120円トライということで、これは日足のフラッグを見ながらの判断かなと思っています。

ただ、大きくは120円回復は厳しい状態であり、まずは週足や日足レベルの昨年末から形成されている調整の範囲内で動くことを前提に考えたいですね。

続いて60分足です。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150206ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足での今後考えれるシナリオですが、先ほど240分足で書いたシナリオをラインで表すと青と赤のラインで引いたようなイメージかなと思っています。

現在直近の安値と117円ラウンドナンバー付近が意識されているため、この近辺まで下落して下ヒゲをつける、または思った以上にオーバーシュートをして直近安値を抜けて116円台に入ったとしても、ヒゲで直近安値上まで戻されて117円回復という流れであれば、買い検討してもいいかなという感じですね。

最近は乱高下しやすい相場なので、注意は必要ですが下への動きで何度かトライして抜けないということが確認できヒゲも何本かつくと判断しやすいですね。

逆に上方向に向かってしまう場合には、そのまま上方向に勢いをつけてしまう可能性が高く、そうなると日足フラッグのブレイクポイントや118円近辺のラウンドナンバー、またはPivot等の意識されるラインで短期足で調整をして、その調整が上方向への継続パターンであれば買い検討をしていきたいですね。

雇用統計ということで、結果が出ないと何とも言えない部分はありますが、いずれにしても買いを考えながら、少し下を期待したいなと思っています。
その場合の注意点は、下方向からの買いとなるとしっかりヒゲを確認しつつ、大きな陰線でヒゲなしという状態の場合は手を出さない、無理はしないということですね。

それでは、今日の米雇用統計を楽しみに待ちましょう!!!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2012-6e734ae0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT