強い米国指標も上値抑えられたドル円の今後【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

強い米国指標も上値抑えられたドル円の今後【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は米国の小売売上高が若干ではあるものの強い結果となりました。
ドル円は一旦は上値をトライしましたが、すぐに上値を抑えられるといった展開になっていまい、その後は現在に向かって調整をしています。

今日が金曜日で、来週にはFOMCを控えていることを勘案すると動意付き難い展開になる可能性はあるので、今日はサプライズ等がない限り大きくは動かない可能性が高そうですね。

ただ、直近の動きで上下の意識されるポイントはある程度明確になってきており、ドル円は引き続き上では売り、下に引きつけて買いを考えていきたいなと思っています。

現状は上値が抑えられ、下に押されている状況だけに、まずは下値のポイントでの買い検討と言ったところでしょうか。
昨日の高値をつけた後の横ばいの動きが継続、または下落するにしてもジリジリとしか下落できない状況で一昨日の安値をトライ、またはその下のフィボナッチナンバーをトライする展開になれば、反発の可能性が考えれるかなという印象であり、注目しています。

ということで、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150612ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では一昨日の黒田総裁の発言による下落後の反発から、昨日の指標もあり上値に長いヒゲをつけてきました。
このヒゲを見る限りは上値が重く、このヒゲ上の高値は今後強く意識されそうです。

そして、下値のポイントはというと、黒田総裁の発言後の安値の当然意識される可能性が高い安値ですね。
ただ、気になるのが下値にはまだダイバージェンスがない状況であり、それを勘案すると黒田総裁の発言後の安値を割り込む可能性も現状では残されています。

そうなると意識されるのが直近の大きな上昇全体で引いたフィボナッチ50%の122.36と61.8%の121.53ですね。

このフィボナッチ50%と黒田総裁の発言後の安値は近しい位置にあり、122円ミドル近辺は意識されそうですね。
そして、ここに向かっては下値が堅くなる可能性があり、さらにこの240分足ではこの安値に向かってジリジリと下落するフラッグ形成の可能性もあるかなと思っています。

そういう意味では、まず直近の安値とフィボナッチ50%付近を目安にした今後の下落の形に注目しながら、この近辺に引きつけての買い検討がいいかなと思っています。

この近辺でのダイバージェンスはもちろん下ヒゲをつける可能性があるのでチャートをしっかりチェックしておきたいですね。
続いて、60分足チャートも見てみましょう。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150612ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では昨日高値をつけた後は、横ばいに推移しています。
可能性としては、このもみ合いが継続して、その後上方ブレイクという形が考えられます。

その場合意識されるのは直近の上昇に引いたフィボナッチ50%近辺であり、昨日の高値後にはすでにそのポイント付近で下落を止まられています。

よって、今後横ばいに推移して、この近辺で下ヒゲをつけるようであれば、超短期の買い検討も考えられるかなという印象です。

ただ、現在はFOMCを翌週に控えた週末前という状況です。
これを勘案すると、このシナリオでは十分な利幅が確保できるかどうか?が気になるのと同時に、指標やその他の動きで安値をトライしてしまうと刈られるリスクもあるかなという印象ですね。

そういう意味では、もう一段下の直近の上昇に引いたフィボナッチの61.8%(123.08)~78.6%(122.80)のゾーン、場合によっては安値の122.44まで引きつけたいなという感じですね。

特にここから指標やその他の要人発言等で下をトライして、ヒゲで返されるといった展開になると、買い易そうです。
そう考えるとメインの戦略的にはフィボナッチ61.8%より下まで引きつけての買い検討で考えたいなと思っています。

週末やFOMCを前にポジション調整や薄商いとなると、乱高下する可能性があるだけに、優先はこちらかなというところですね。
注意点は安値近辺をヒゲで返されない状況でトライしてきた場合です。

その場合は240分足で引いた大きなフィボナッチの61.8%トライも考えられるため、一旦様子見ですね。
まぁ、今日は金曜でFOMC前ということで、焦らず待ちチャンスがなかったら、それはそれでOKくらいの気持ちでいいかなという感じですね。

それでは、今日も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2123-7d252b5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT