ドル円FOMCでの注目ポイントとそれまでの注目ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円FOMCでの注目ポイントとそれまでの注目ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

さすがにFOMCを前に動かないですね・・・
鉱工業生産が予想外に弱く、その他の指標では強い結果でしたが、それが尚更現在の動き辛い状況を作り出しているような感じもしますね。

ただ、今日も米国では住宅着工件数があるため、この結果にも注目が集まっていますが、どこまで動くか・・・

そしてチャートを見ていると、ドル円は同じ保ち合いの形が日足では下に続落の可能性のあるパターン、それより短い時間足で見ると、ある程度底堅い調整の横ばいの動きという形に見えます。

FOMCを前にどちらにも動ける準備が出来てきたと言う感じですね。

上がるにしても下がるにしても、現在のドル円の動きは米国利上げが材料であるため、基本的には底堅い状況が継続されると思いますが、現状ではどちらにも動く可能性は考えながら、直近のサポートラインの整理が必要になりそうです。

FOMCまでは様子見をしながら、その後の動きを見ながら今後に期待という感じですね。
動意に欠ける今日はドル円の日足チャートから見てみたいと思います。

ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150616ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは、先日の高値125.84をつけた後は一旦下落、その下落が落ち着いてからは横ばいに向かっていることもあり、ペナントっぽい形を形成しています。

125.84の高値から考えると下落後にペナント形成しているようにも見えるため、この三角形を下にブレイクしてしまうと、もう少し下までの下落も考えられ、その場合のターゲットとなりそうなポイントは昨年の12月16日の安値から引いたフィボナッチ(赤)の38.2%の121.91近辺になりそうです。

このポイントは3月10日の122.01の高値のポイントにも近いため、サポートとしては機能しそうです。
よって、FOMC等で大きく下に向かった場合のターゲットポイントとして意識される可能性が高く、現状ではここまで下落する可能性があるようには見えないポイントではありますが、注意しておきたいポイントと言えそうです。

また、三角形保ち合いだけに短期足等の動きや現在の底堅さを勘案すると上方向へのブレイクも考えたいところです。
そうなると上値ターゲットとして意識されそうなのが125円ラウンドナンバーであり、このポイントから直近最高値の125.84近辺では利益確定が入りやすく、三角形を情報ブレイクしてこの近辺で短期足でダイバージェンスをつけたり、ヒゲをつけるようであれば注目ですね。

現在がドル高傾向にあるだけに、上方向への勢いが強くヒゲが付かないような場合は短期での上方向へのトレンドフォローですが
場合によっては高値近辺での売り検討も出来るポイントと言えます。

よって、この長期足である日足では大きく122円と125円が意識されている状況であることを認識してFOMCを迎えたいですね。

続いて240分足チャートも見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150616ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この240分足では先週の下落後は反発・上昇しています。
日足では下落後に三角形だったものの、この240分足では逆に上昇後に横ばいの動きになっており、この時間足では続伸の可能性がありそうです。

ただし、FOMCを前に上値は重く、FOMC前に大きく上に抜けていくのは何か大きな材料が出ないと厳しい状況であり、仮に勢いなく125円近辺に向かうような上昇があった場合には、むしろFOMC前の利益確定を期待した売り検討もできそうです。

そして、この240分足で意識される下値のポイントは先週の安値122.44です。
ここから、FOMCまで完全な横ばいということも考えられますが、仮にFOMC前までにこの安値を中心としたフィボナッチ61.8%(123.08)を割り込み、122円台に入るのであれば、短期買い検討が出来るかなという感じですね。

ここは昨日からの戦略と変わらずですが、現在はFOMCを意識したその前までの短期トレードの可能性とFOMCでの動きも勘案した少し遠めのレジスタンス、サポートの両方をしっかり頭に入れておく必要があり、日足と240分足のポイントを整理してみました。

それでは、今日も頑張りましょう!!!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2126-643bfa38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT