下落要因重なりドル円下落!現在重要な考え方とポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

下落要因重なりドル円下落!現在重要な考え方とポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円が122円を割れて勢いをつけてきましたね。
ここ最近のギリシャ問題の難航に加え、中国株の下落、さらにNY証券取引所のシステムトラブルと下落要因が重なったことが一番の要因でFOMC議事録は前回終了後の声明からは大きく外れることがなかったこともあり、ドル円は上値の重い状態が続いています。

クロス円関係を見ても、全体的に下落しており、円が買われているといった印象もあるため、やはりリスクオフといった印象ですね。

そして昨日の下落でドル円は120円台まで下落しており、ここから下の120円ラウンドナンバーは意識される可能性が高いと思われます。

この近辺では買い検討はしたいものの、今後のチャートの形次第というところもあり、60分足で下落途中に形成される調整の形が今後も継続するのか?
それとも昨日の安値をトライして守られるのか?にまずは注目です。

そんな中、現時点では短期的に下方向への続落のパターンが形成されるのであれば、短期または超短期の売り検討も可能な状態ながら、120円ラウンドナンバーというビッグラウンドナンバーを下控え、下ではやはり買いを検討したいなと思っています。

ただ、現状で売りを検討するのであれば、ドル円を短期で考えるより、より下落が大きい豪ドル円やポンド円の方が期待できるとも言える状況であるため、幅広くチャートをチェックしたいですね!

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150709ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

今日はまずドル円日足チャートからです。

昨日の下落でドル円は大きな大陰線をつけてきました。
この形だけを見るとやはりまだ続落しそうなチャートに見えます。
下にヒゲがない状態なので、一時的にでも昨日の安値を割り込む可能性も考えておきたいですね!

そして、意識されるポイントですが、直近の上昇スイングに引いたフィボナッチ78.6%(120.36)、120円ラウンドナンバー、昨年12月の安値から引いたフィボナッチ(赤)の61.8%(119.48)は意識される可能性が高く注目のポイントと言えます。

さらに下から200日の移動平均も実レートに近づいていることから、どこかのタイミングでサポートされる可能性は考えておきたい状況であり、買い検討は継続しています。

240分足を見ると昨日の下落で安値近辺に3本ヒゲをつけていることから昨日の安値から、そのまま反発の可能性も考えられますが、この日足でRSIが30を割り込みダイバージェンスなしであること、240分足でもヒゲをつけながらもダイバージェンスがないことを考えると、優先すべきはやはり一旦の安値更新、または昨日の安値近辺での下ヒゲという感じで、下値でのダイバージェンスやヒゲを確認したいですね。

イメージ的には240分足や60分足でのセリングクライマックスを待っての買い検討というところでしょうか。
ただ、相場が相場だけに思った以上に下落した場合には、しっかり下で損切りしたいですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150709ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足チャートでは昨日安値をつけた後は反発をしています。
ただ、その反発を見ても、陰線と陽線が入り乱れながら、結局は上値が重い調整の形を形成しているように見えます。

今後上昇するにしても、この形を維持するのであれば続落の可能性があります。
よって、緑の丸で囲った高値から昨日の安値で引いたフィボナッチ(青)の23.6%~38.2%に向かって現在のような形を維持しながら回復してきた場合は、調整からの続落が考えられ、その場合は上値のヒゲや短期足でのダイバージェンスで短期的な売り検討もできそうな形になるかもしれないですね。

そして安値近辺、または120円近辺のポイントで反発のパターンが出た場合には改めて買い検討という流れでしょうか。

時間足ごとに方向感が違うように見えるため、続落した場合の下落の勢いと安値をつけた時の形、勢いが残っているように見える形であれば、その後一旦様子を見て、その後の形にも注目して判断していきたいですね。

また、冒頭でも書いたように、ドル円だけでなく他のクロス円やドルストレートでも下落しているものがあります。
ドル円だけでなく、さらに弱い通貨ペアで短期売り、ドル円買いというような形でもいいかなと思っています。

より弱いものを売り、比較的強く反発の可能性が高いものを買いというイメージですね。

それでは、今日も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2146-97a7baad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT