現在のドル円で強く意識される2つの重要ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

現在のドル円で強く意識される2つの重要ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円乱高下ですね!
今週の米国指標は数は少ないながらも強い結果となっていますが、FOMCを控えていることと、米国の企業決算の影響もありそうです。

今週はこのまま同じような価格帯で終始して、来週のFOMCを迎えることになりそうです、
逆に言えば、米国指標が強いため、上昇はしないまでも底堅い状況は継続すると思われ、それに加えて来週のFOMCで9月利上げを匂わす内容が出てくると一旦は125.84の高値をトライする展開も考えられそうです。

ただ、利上げ時期に関しては今回のFOMCで何等かのヒントが得られる保証はなく、仮にあったとしても9月利上げをどこまで織り込んでいるのかにより変動の幅や反応が変わるため、まずは待つしかないですね。

そして、現在のドル円ですが、240分足を見ると上下どちらにブレイクしてもおかしくないようなもみ合いになっています。
現時点では底堅く123円台でサポートされるため、基本はこのもみ合い内の下限での買い検討をメインに考えていますが、仮に下にブレイクした場合は改めて下で待つ必要があり、そのあたりの整理は必要にってきそうです。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150724ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では124.46の高値を先日つけた後は一旦下落、その後は横ばいになっています。
下落後に上方向への調整で横ばいに推移しているように見える一方で、見方を変えると下落後に反発し、その反発後の下方向への調整の動きにも見えます。

この2つは見方によって大きく方向感が変わってきますが、現時点で123円台後半が強く意識されており、下に向かうとサポートされる展開が続いているので、基本は後者の反発後の下方向への調整という形をメインに見ていきたいと思っています。
そういう意味で、直近のもみ合いで意識されるポイントは123円台後半ですね。

ただ、仮にこのもみ合いを下抜けた場合にはエリオット波動のABCパターンを形成する可能性があります。
そうなった場合の下ターゲットですが、直近の上昇全体で引いたフィボナッチ38.2%が122.91にあり、ABC波ターゲットも123円ラウンドナンバー近辺となっているため、もみ合いブレイクの場合は123円ラウンドナンバー近辺、出来れば122円台後半を買いポイントとして考えたいですね。

ということで、考えられるシナリオ2つの意識されるポイントをしっかり頭に入れて、まずは現状のもみ合い下限からの買いという感じでしょうか。

続いて、60分足チャートも見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150724ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では上は124円台前半を何度もつけて抜けられない状態、同時に下も123円台後半を何度もトライするも下抜けられない状況になっています。

要はレンジですね。

現在のドル円は米国指標が強いこともあり、基本的には利上げが意識され上昇基調であることを考えると先ほども書いたように下で買い検討ですが、考えられるシナリオとしては赤ラインで引いたように、このまま上昇してもみ合い上限から反落、その後下限ではサポートされるパターンとこのまま下落してもみ合い下限でサポートされるパターンです。

このどちらの場合でも下限近辺でのヒゲや短期足でのダイバージェンス等をみながら買い検討ができそうです。

レンジ下限としては直近の上昇で引いたフィボナッチ(黒)の61.8%(123.79)~78.6%(123.69)近辺がよく意識されており、このゾーンの少し下には、今日のPivot S1もあります。

この近辺には注目です。

そして、一旦上限をトライするパターンで注意したいのが上限トライの勢いが強く上限到達後に青ラインで引いたようにジリジリとしか下落しないパターンです。
それにより上限近辺でフラッグやペナント等の継続パターンが形成されるとブレイクの可能性が出てくるため、注意です。
そうなった場合はむしろパターンを見ながらの短期買い検討に切り替えらえるかもしれません。

今日は来週にFOMCを控えた金曜日です。
ポジション調整や利益確定の動きも考えられ、動意付かない可能性も高いため、無理をするくらいなら入らない方がよく、しっかり待ちたいですね!

それでは、今日も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2159-d1586ce2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT