週明けのドル円今後のシナリオとトレードポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

週明けのドル円今後のシナリオとトレードポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今週も始まりましたね。
多くの市場参加者が夏季休暇を取る時期に入ってきたので、どこまで動くか?にまずは注目かなという感じですが、先週の米雇用統計では市場予想よりも若干弱かったものの、20万人増をキープできたことで9月利上げ予想をする市場参加者が多くなったようです。

そして、今日のドル円のオープニングを見ても思った以上に強く上昇しながらスタートしています。
この上昇によって先週金曜の終値前につけた安値が意識される可能性が高く、まずはその安値を中心に押し目のポイントを考える必要があるかなという感じになっており、週末中での分析のように金曜日の安値を下抜く可能性と共に、その手前で反発する可能性も加えて考えていく必要がありそうです。

今後ドル円が下落のスイングに入った際のチャートの形や反応をしっかりチェックしていきたいですね。

ちなみに今週は冒頭でも書いたように夏季休暇を取る市場参加者が多く、商いが薄いため突発的に動く可能性もあるので、ストップ設定等については注意が必要そうです。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150810ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足で見ると、先週の米雇用統計の後に反落して大きな陰線を付けました。
非常に下落が強いため、現在の反発後一旦安値を割り込んで下落する可能性も考えられます。

直近の上昇スイングに対して引いたフィボナッチ(赤)の50%が124.02、61.8%が123.78となっており、安値を割り込んだ場合は、この近辺が下落が止められる可能性のあるポイントになりそうです。

ただ、同時に気になるのが今日のオープニング後の動きで、比較的強く買われ大きめの陽線をつけていることです。
金曜の米雇用統計後に反落はしたものの、雇用統計の結果では9月利上げの可能性を後押しする結果として受け止める市場参加者が多くドル円の底堅さは以前と同様であり、直近の下落の大きさ、オープニング後の反発の強さの両方を勘案すると、金曜の安値を更新するシナリオと共に、安値をトライしてサポートされる可能性も考えておきたいですね。

金曜日の安値が124.09なので、少し広めに見て安値近辺~123円台後半は注目しておきたいと思っています。

さらに、短期足ではもっと浅いポイントでフラッグ形成をして反発の可能性もあるそうなので、そのあたりのシナリオを60分足チャートで見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150810ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では金曜日の安値から反発しています。
現在はその上昇も少し落ち着き陰線をつけていますが、反発がそれなりに強いことを勘案すると現在の陰線からジリジリとした下落となれば金曜日の安値の手前での反発も考えられ、仮にここからジリジリとした下落でフラッグまたは小幅な横ばいへのレンジを形成すると赤ラインのように浅いポイントからの反発が考えられそうです。

また、このポイントを下抜けると次は直近の上昇スイングのフィボナッチ(黒)の61.8%~78.6%が注目されそうです。
それが上側の青ラインのイメージですが、ここまで下落する場合には安値を下抜くもう一つの青ラインで引いたシナリオも勘案しておきたく、二つをシナリオを一つにまとめて考えてしまっても良さそうです、

特にストップに関して、どちらにできもいいような設定が必要であり、大きくは124円近辺~123円後半という見方が良さそうです。

そして、上値のターゲットですが、こちらは直近の下落で引いたフィボナッチ(青)の38.2%と61.8%近辺は意識されそうです。
金曜の雇用統計の結果が利上げを後押しする結果だと受け止められたにも関わらず、その後反落したということは、ドル円は既にほぼほぼ9月利上げを織り込み終わっている可能性もあるため、直近の下落で引いたフィボナッチ(青)の61.8%を達成して125円が近づくような上昇があり、上値にダイバージェンスやヒゲがつくようであれば、むしろ短期売り検討を考えてもいいかもしれないですね。

ただ、基本が底堅いドル円なので、あくまでも最終的には続伸する流れの間にある横ばいのもみ合い上限から短期的な調整に乗るといったイメージでの限定的な売り検討であり、基本は下に引きつけての買い検討かなと思っています。

ということで、現時点では124円近辺に引きつけての買い検討をメインに考え、買い易さという意味では123円後半に引きつけたいというのは週末時点から変わらずですね。

それでは、今週も頑張りましょう!!!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2174-816fcfa3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT