底堅いドル円125円トライも戦略は三角形保ち合い前提!?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

底堅いドル円125円トライも戦略は三角形保ち合い前提!?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円反発ですね。
昨日のオープニングからドルが強いというよりは、円が弱いという印象ですね。
クロス円全般的に反発しており思った以上に強く、ドルストレートを見るとドルはむしろ売られている状況なので、全体的な相関に違和感を感じます。

いずれにしてもドル円は買われやすい状況ですが、昨日の上昇でまた125円が近づいたことで、上値も重くなってきました。
現在レートからの買い検討は利幅を考えると少し危険かな~という部分があり、まずは押し目待ちですね。

押し目と言っても非常に底堅いため、どちらかと言えば現在の調整が横に推移して、その後反発、そして125円近辺で上値を抑えられるというイメージでしょうか。

そういう意味では、まず現在の調整に注目です。

また、現在の相場は夏の休暇と重なる期間であり、その上で様々な要人が米国利上げに関してのコメントを行っています。
これにより乱高下してしまう可能性もあるため、引き続き注意しましょう!

それでは、ここまでのドル円チャートです。

ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150811ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足チャートでは昨日の上昇後に調整に入り、小さなフラッグを形成していました。
そして、現在はそのフラッグを上にブレイクして昨日の高値も抜けてきましたが、同時に昨日の高値(124.77)も意識される可能性があり、さらにこのポイント自体が125円が近いということもあり、一旦は押し目を作りそうです。

よって、ここから考えられる動きとしては先週の雇用統計時につけた高値を起点とした横ばいや三角形保ち合いの動きであり、そう考えるとまずは現在の上昇が落ち着くのを待って反落してから下で拾うという戦略かなと思っています、

そうすると雇用統計後の安値から現在またはこれからつける高値で引いたフィボナッチのポイントが意識される可能性高く、現在の上昇から下落のスイングに転じたところでフィボナッチを引き、そのポイントまでの下落の形や下値での短期足でのダイバージェンスやヒゲに注目といった感じですね。

最近のドル円は上昇圧力が強いだけに、ここからそのまま上昇していく可能性がなくもないのですが、同時に125円が意識され過去に何度か叩かれていることを勘案すると、今からでは利幅に疑問があり、あくまでも押し目を待つということが重要になってきそうですね。

それでは、60分足チャートも見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150811ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足チャートでは昨日高値をつけた後の調整を先ほど東京市場のオープンのタイミングで上にブレイクして直近の高値を抜けてきました。

ただ、この記事を書いている間にヒゲで戻され始めているため、ここから再度下に向かって押し目をつくる可能性が高そうな形になってきました。

よって、米雇用統計後の安値から先ほどつけた高値で引いたフィボナッチ(黒)が意識されそうです。
このまま長いヒゲで引けた場合には深めに押す可能性が出てきますが、そうなると61.8%(124.39)~78.6%(124.26)のいゾーンから場合によっては雇用統計後の安値は反発の可能性がありそうです。

仮にこの近辺まで下落するようであれば、下値のダイバージェンスやヒゲに注目しながら買い検討ですね。

また、可能性としてはフィボナッチの浅いポイントから反発という可能性もありますが、その場合は下落の形自体がジリジリと下落するフラッグやその他の継続パターン形成の場合は買い検討ができそうです。

現状の動き、そして雇用統計時の高値からの三角形保ち合いを前提に考えるとシナリオ的にはこの2つが優先かなという感じですが、利幅や上値の重さを考えると深いゾーンの61.8%くらいまで引きつけられるのが理想かなという感じですね。

現在の高値を更新してしまうとフィボナッチ自体を引き直す必要がありますが、いずれにしても雇用統計後の安値から現在の上昇でつけた高値で引いたフィボナッチには注目です。

それでは、今日も頑張りましょう!!!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2175-01fe8c54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT