米雇用統計次第!ドル円上下の意識されるポイントは?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

米雇用統計次第!ドル円上下の意識されるポイントは?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日ドル円はどちらかと言えば弱く、再び120円を割り込んできました。
ただ、一方でダウは一時上昇する局面があり、ここに来て相関が若干変わってきました。

その理由としてはECBの量的緩和の追加(延長または拡大)示唆によるものであり、株価は上昇しながらも対ユーロでドルが売られることでドル全体が弱くなった形ですね。

そして、今日は米雇用統計です!
月曜は米国がLaborDayでお休みになることから、利益確定やポジション調整の動きも起こる可能性があり、荒れた展開に注目です。

そして前回結果と市場予想ですが・・・

非農業部門雇用者数 前回:21.5万人増 市場予想:21.7万人増
失業率          前回:5.3%     市場予想:5.2%
となっています。

雇用者数については市場予想よりも強ければドル円は一気に上値をトライする可能性があり、逆に弱く20万人増を割り込む結果になると下をトライして2番底をつけにいく可能性もあるため、今日はまず雇用統計の結果を確認して動いた先でヒゲをつけるのか?それともヒゲで戻すのか?という部分に注目したいところです。
また、イエレンFRB議長が以前に失業率5.2%~5.0%が利上げ実施の目安という発言もあるため、失業率にも注目です。

ただ、今の相場環境を勘案すると、雇用統計が発表されたところで利上げ時期に対して明確な目安になるわけではなく、結局は同じような値位置に戻ってくるような気もします。

ドル円は現在雇用統計しか材料がありませんが、それであればユーロドルやユーロ円を見ていた方がいい可能性もあり、ユーロにも注目しておきたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150904ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では昨日高値をつけた後は下方向に向かって下落してきました。
直近の動きを全体的に見てみると横ばいに推移しており、下落の勢いもさほど大きくないことから本来であれば、そろそろ1回目の買いトライしてもいい値位置ですが雇用統計を考えると、まずは様子見ですね。

そして、大きくみて意識されやすいポイントとしては緑の丸で囲った高値と先週の大幅下落の安値ですが、その前に現在の横ばいの動きの上限または下限のどちらをブレイクするか?できるか?がまず雇用統計の動きで注目すべきポイントかなと思っています。

もみ合い下限トライの場合には、下限でヒゲをつけることなく下抜けると直近の上昇で引いたフィボナッチ61.8%の118.25近辺は意識される可能性が高く、仮にこの近辺まで下落して何度か下をトライしつつも抜けないという流れであれば買い検討を行いたいのですが、逆に下限近辺でヒゲで返されるようだと、そこからの反発に期待です。

要は下の2つの意識されるポイントで買い検討ですね。

そしてもみ合い上限をブレイクした場合には、121.63の高値トライとなりますが、これも同じようにヒゲが付くのか?または張り付いてその後上抜けるのか?に注目であり、可能性としては上下いずれにしてもヒゲで戻される可能性が高いかなと思っています。

雇用統計が市場予想に対し、かなり強い結果となった場合には、そのまま上昇という可能性はあるものの、そうでなければ以前のような上昇に戻るのは期待しない方が良さそうです。

また、弱い場合には20万人増をキープできるか?というポイントが意識される可能性が高く、20万人を下回ると下げ幅を拡大する可能性もあります。

そういう意味では上記の動きのパターンと共に内容にも注目ですね。
同時に今日のPivotにも注目しておく必要があり、60分足でそのPivotも見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150904ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では方向感なくといった印象であり、現在は青丸で囲った高値と安値の間でもみ合いを形成している可能性が高く、ここが先ほど240分足で書いた意識されやすいポイントです。

また同時にPivotを見てみると・・・
R3 121.67
R2 121.17
R1 120.61
S1 119.56
S2 119.07
S3 118.51
となっています。
これらはそれぞれ意識される可能性が高く、雇用統計時のように大きく動くイベントではR3やS3で止められる可能性もあり、総合的に見ると上値は121円台後半~122円近辺、下値は119円~118円台というところでしょうか。

仮にこの近辺まできて、張り付かずヒゲならば上で売り、下で買いは検討できそうですが、9月の雇用統計は8月の雇用状況なので、夏季休暇も含まれるため弱くなる可能性の方が高いかなと個人的には思っています。

それが分かっているだけに多少弱い結果で下に向かうのであれば、ヒゲの可能性を考えておきたいですね!
そして、ドル円よりも注目しておきたいのがユーロです。
ユーロ圏の量的緩和の追加が意識されているだけに、こちらの方が反応がいいかもしれません。

それでは、今日も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2196-2a8ce336

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT