ダウ大幅安でリスクオフ?ドル円は上値重いも反発に期待【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ダウ大幅安でリスクオフ?ドル円は上値重いも反発に期待【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』

こんにちは、井手慶之です。

昨日は年内利上げを予想する要人発言があったにもかかわらず全体的には軟調、そして再び中国経済への不安が再燃し株式市場は大幅な下落となりました。

ただ、ドル円と株式市場を比較してみると、多少リスク回避の方向になってはいるもののドル円はそれでも下支えされているように見えます。

ドル円は昨日120円を割り込むと下げ足を早め、現在も下をトライしている状況ですが、そろそろもみ合い(レンジ)も下限近辺であることを考えると、そろそろ反発を考えたいところですね。

すでに下値にダイバージェンスがつき始めていますが、思った以上に下落したのとヒドゥンダイバージェンスがつきそうなので、下落リスクは意識しておく必要はありますが、119円ミドルから前半は注目かなと思っています。

気になるのが中国PMIの発表が木曜日にあることで内容に注目ですが、同時に米国は基本利上げの方向で動いているのは間違いなく、年内の利上げの可能性が否定されるまでは下でサポートさえる地合いは続くかなと思っています。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150929ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

金曜の高値の後は下落しており、昨日120円を割り込んできましたが、今回の下落では同じレンジ内の過去の下落と比較するとろうそく足も小さく下落の勢い自体はさほど強くないように見えます。

ここから直近の安値(119.21)を割り込んでくると安値が切り下がるので、その後の動きには注意が必要ですが60分足ではすでに下値にダイバージェンスがついており、そろそろ反発の可能性を考えても良さそうです。

この240分足では完全なもみ合いで横ばいに推移してしまっていることから、ダイバージェンスは期待できないことを勘案すると60分足に注目ですね。

また、現在は日経が弱く推移しているため、日中帯は弱含む可能性が高く、ここからもみ合い下限で下値を固め、反発するのであれば欧州やNY時間からかなというイメージですね。

最近は欧州よりもNYの時間帯から流れが出来ることが多いため、今後様子を見ながら欧州やNYの動き出しに注目したいと思っています。

それでは、続いて60分足チャートも見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
150929ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

昨日からのドル円は120円より少し上のポイントでは下値を支えられているような形でヒゲをつけていましたが、その後120円を割り込むと若干下に勢いを強めてきました。

そして、現段階では赤ラインで引いたようにダイバージェンスがついており、そろそろ下落の勢いも低下しているように見えます。
ちなみにダイバージェンスとしては現時点で2回つけています。

ただし、気になるのがダイバージェンスをつけたRSIの安値の間にあるRSIの高値です。
この高値が思った以上に低い位置までしか戻っていないため、ヒドゥンダイバージェンスが非常につきやすい状況であり、レートがジリジリしか上に反発できない上値の重い状況となると、ヒドゥンダイバージェンスがつき再度下をトライする可能性が出てきます。

勢い次第では118円台まで下落する可能性もあるため、その際に続落の可能性を示すフラッグ等を形成するのであれば、むしろ戻り売り検討ができる可能性もありますが、そうなった場合のメインの戦略としては安値を割り込み3回目のダイバージェンスからの反発を待っての買い検討の方がいいかなと思っています。

このシナリオの可能性があるため、まずは少し様子を見ながらジリジリと上昇にならないかを確認したいですね。

そして、ジリジリとした上昇ではなく比較的強く反発してしまった場合でも、現在の相場環境を考えると続落しないまでも再度の安値トライをする可能性があり、場合によってはボトム付近で複数の下ヒゲをつける可能性もあるため、いずれにしても様子見しながらの買い場探しで考えています。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2217-1aa037cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT