ドル円エリオット波動ABCの可能性も・・・【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円エリオット波動ABCの可能性も・・・【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』

こんにちは、井手慶之です。

昨日のFOMC議事録公表でドル円は一旦下落しましたね。
その後は持ち直しましたがダウは上昇して高値で張り付いているところを見ると、やはりドル円はある程度底堅く下では買われる展開は続いているようです。

今回ドルが売られたのは、FOMC議事録の内容でFRBが利上げや米経済に対して、ややハト派(慎重な姿勢)と市場が捉えたのが要因ですが、それを受けて株式市場は上に勢いをつけたということは、利上げ観測が後退することを好感した形ですね。

株式市場については利上げ自体が米経済を圧迫するという見方で、それがなければ経済的には悪くない、世界的な経済不安についてはさほど気にしていない又は落ち着いているという環境ですね。

そうなると現在の株式市場の環境が続くのであれば、株式市場とドル円は別の動きをすることが多く、逆に世界経済への不安がメインになってくるとドル円も株式市場も下落という形になる可能性が高く、今後株式市場の受け取り方にも十分注意が必要そうです。

さて、現在のドル円ですが昨日FOMC議事録公表前に一旦安値を更新し、その後反発、そしてFOMC議事録公表のタイミングでは昨日の安値をトライするも、下でサポートされ再び反発という流れになっています。

今回の公表で昨日の安値を切り上げたということはドル円はもう少し上昇する可能性はあるのですが、ただチャートの形や反発の勢い、そして12月利上げを予想する市場参加者が減少していることを勘案すると上値は重くなり、限定的となりそうです。

G20も週末にあるため、今日は小幅な動きになる可能性がありそうですね。
それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
151009ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

昨日の安値で3回目のヒゲをつけて、その後のFOMC議事録公表では昨日の安値を割り込むことなく安値を切り上げヒゲもついています。

そうなるとここからの反発も期待できるのですが、気になるのが上値も同様に重いということです。
現時点では昨日の安値から数本のろうそく足しか見えないため、まだ何度も言えないのですが昨日の安値からの反発がチャート上の角度的にも弱く、上で若干ながらヒゲをつけていることから、この反発自体が調整に見えなくもないという状況です。

そう考えると現在の上昇が小幅に終わってしまうと、下をトライして昨日の安値を割り込み、直近の上昇に引いたフィボナッチ(黒)の61.8%(119.39)~78.6%(119.07)近辺までの下落も考えられるかなと思っています。

また、先日の雇用統計後につけた安値からの反発が推進波動だと考えると、その後の火曜日からの下落が調整でエリオット波動的に考えればABCの調整波動になる可能性があります。

今日は特段目立った米国指標がなく、ここ最近の下落基調が継続する可能性も考えると、現在の買いポジションは最低限で早めに閉じて、改めてフィボナッチの深いポイントで待ってからの買いという戦略を検討したいなと思っています。

目安的には119円台前半、出来れば119円ラウンドナンバーに引きつけてというイメージです。
G20もあるため、このまま上ならそれはそれで無理に入らず、下で待つスタンスですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
151009ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では下値に昨日改めてダイバージェンスをつけ、反発になっています。
そして下ヒゲがついているので、まだ上昇する可能性は確かにあるのですが、現時点でのRSIの値を見てみると実レートの上昇幅に対してRSIの戻りが少し早いように見えます。

そうなると今後上昇したとしても比較的早い段階で上値にダイバージェンスをつけてしまう可能性があるように見え、直近の下落全体にフィボナッチ(青)を引いて見ると61.8%が120.19、78.6%が120.35になっています。

この間のゾーンが現在の上値の限界で、仮に上昇したとしてもこの近辺でダイバージェンスをつけ反落という可能性があり、ここからの買いは少し厳しそうですね。

また、Pivotを見てみてもR1が120.13、R2が120.35となっていることから、今日は上昇してもR2くらいで止められてしまいそうです。
かといって、このR2近辺からの売りはどうかと言うとレンジ的に見れば中途半端な位置なので、それであれば一旦下に振れるのを待ってが良さそうです。

そこで240分足でご紹介した119円台前半と共に、昨日の安値近辺では何度も下ヒゲをつけているため、この安値のポイントにも注目しながら下で買い検討ですね。

最近のドル円は動きが限定的なので、毎回毎回同じ考え方をするしかない状況で、言い方を変えれば分かりやすいとも言えますね。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2226-cdc3ccd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT