週明けレンジ継続の可能性を考えたドル円戦略【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

週明けレンジ継続の可能性を考えたドル円戦略【為替 予想】

===================
      特 別 案 内
     ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾ ‾
一年で最も大事な集中学習期間に、
最も飛躍的にスキルアップする学習機会。
 ―――――――――――――――――
   トレードベースアップセミナー
      スペシャル合宿
 ―――――――――――――――――

     ▼ 詳細はこちら ▼
http://zone-trade.com/tradebaseupsp-blog/

   ” 緊急かつ重要な相場環境 ” を
” 最高で最良の学習機会 ” でモノにする。

米国FOMC直前・・・

◎ FOMC直前の米国利上げ動向は?
◎ 来年に向けて押さえておきたいポイントは?
◎ 必ず身に付けておきたいテクニカルや考え方は?
◎ 一年で最も大事な今の時期の学習方法とは?

今年最後のビッグイベントに向けて、
井手慶之が直接お教えします。

▼50名限定スペシャルセミナー
http://zone-trade.com/tradebaseupsp-blog/
===================


こんにちは、井手慶之です。

先週ECB理事会と米雇用統計が終わり、今週は先週に比べ重要指標も少ない1週間ですね。
少ないと言っても中国指標やその他でも注目される指標はあるため注意は必要そうです。
また、FOMCを来週に控えていることから、様子見になるのか?ポジション調整や利上げの可能性を考え動くのか?非常に読み辛いですね。

今日のオープニングではさほど目立った動きをしなかったドル円ですが、週末前の米雇用統計を受けて現状では底堅い展開となっており、まずはその流れを引き継ぐ形での押し目買い戦略を考えておきたいですね!

ただし、強い雇用統計後によくあるパターンとして、週明け後に高値を更新するとその週は調整に入ることも多く、まずは上を見るものの、その後は上値の反応や勢いを見ながらの判断として考えておきたいところです。

基本的に底堅いドル円ですが米国利上げがほぼ確実視される中で、上値が限定的に見えることを勘案すると、すでに次の材料に目が移っている可能性が高く、そのあたりも考えながら今後のスタンスを決めていきたいと思っています。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
151207ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

先週のECB理事会後のユーロの追加緩和、その後の米国の雇用統計で上下動したドル円ですが、ここ最近の動きを見るとレンジを形成しているように見えます。
また、ヘッド&ショルダーの可能性が全くなくなったわけではありませんが、まぁないと思っていいかなと思っています。
ただ、仮にレンジを下にブレイクすると勢いをつける可能性はあるので、基本レンジと考え、どちらをブレイクしていくのか?に注目ですね。

そして、現在はレンジ内で上に向かっている状況であり、上限までの値幅を見てみると60pipsほどになっています。
上限手前で反落してレンジ下限に向かう可能性を考えると十分な利幅とリスクリワードを確保できない可能性もあることから、その点については注意です。

基本的には先週の雇用統計では強い上昇となっていることから、浅い押し目をメインに、深い押し目も勘案しながらという形ですね。

浅いポイントについては60分足で見るとして、その下のポイントとしてはレンジ下限の122円台前半、その下のフィボナッチ38.2%の121.56、61.8%の120.22あたりは頭に入れておきたいと思っています。

それでは、60分足チャートを見てみましょう!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
151207ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では、今朝のオープニングからどちらかと言えば横ばいに推移しています。
この状態のまま横に推移しながら緩やかにスイングするようであれば123円を割れたポイント付近からの買い検討は考えておきたいですね。

この123円を割れたポイントにはフィボナッチ38.2%もあり200SMAも近くまできています。
まずはこの近辺に注目し、このあたりを割れてきた場合には61.8%の122.69~レンジ下限に向かった下落から、レンジ下限からの買い検討に切り替えたいですね。
また、上値のダイバージェンスのチェックも忘れず行い上値は限定的と考えた方が良さそうです。

個人的には現在の状況を考えればレンジ下限まで下落してくれた方が買いやすいので、浅いポイントの場合はある程度きれいにパターンが形成された場合のみという条件の中で、入れず上昇してしまったら、再び下で待つくらいの気持ちで考えたいと思っています。

今後は上昇するにしても緩やかな上昇になる可能性が高く、レンジ上限や高値更新をしてすぐに上ヒゲをつけるようであれば、反落の可能性が出てきます。
十分に上に引きつけて、このパターンであれば超短期売りも検討できる可能性が出てくるのでチャンスがあればトライしたいところではありますが、あくまで超短期でメインは下で買いですね。

それでは、今週も頑張りましょう!


無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)


わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2276-8d939b1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT