ドル円続落!米雇用統計で考えられるシナリオは?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円続落!米雇用統計で考えられるシナリオは?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円続落ですね!
そして、一昨日の安値近辺またはそこを割り込んだところでヒゲをつける可能性を考えていましたが、反発せずに安値近辺に留まっている状況です。

この形になると続落は避けられない可能性が高いのですが、まずは今日の米雇用統計の結果次第というところでしょうか。
このところ原油が上昇しながらも為替についてはFRBが今後利上げに消極的になるのでは?という思惑からドル円は反発できません。

そして、その状況の中でダウはある程度堅調に推移している状況で、少し前の相関からは離れていっている印象ですね。
今の状況ではどちらかと言えばドル安円高を歓迎しているようにも見えるため、相関の崩れと市場のスタンスについては注意が必要になりそうです。

いずれにしても雇用統計待ちですが現在の米雇用統計の市場予想は・・・
非農業部門雇用者数 前回:29.2万人増 市場予想:19.0万人増
失業率          前回:5.0%     市場予想:5.0%
となっています。

控えめですね。
当初の予想よりもここにきてさらに弱気になっていることから、弱い結果には十分注意したいですね。
市場予想よりも弱い結果となった場合には先日の安値をトライし115円台も見えてきているため、その点は頭に入れておきたいと思っています。

また、強い場合でも上値は限定的でそれが絶好の戻り売りのポイントになる可能性もあることから、下にしろ、上にしろヒゲには注目ですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160205ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

昨日の下落ではダイバージェンスをつけにくるかな?と期待していましたが、下落の勢いが強くダイバージェンスつかず、下ヒゲもつきませんですね。

そして、なにより前回安値でつけたようはヒゲで反発を考えていただけに、現時点で下に張り付いた状態になっているのは驚きですね。
この状況は弱いということで、ダイバージェンスもついていないことを勘案すると続落を考える方が現時点では自然かなと思っています。
60分足チャートではフラッグっぽい形を形成しており、雇用統計というイベントを考えずにパターンだけを見ればやはり下を見たい形といえます。

ちなみに雇用統計でここから下に向かった際の下値ターゲットですが、直近安値の115.96、その下の115円ラウンドナンバーは意識されそうです。
雇用統計がある週の流れと同じ方向に雇用統計の結果で振れた後、翌週は巻き戻すこともよくあるパターンであり115円台では一度短期的な買いを検討してもいいかもですね。

逆に上に振れた場合ですが、よほど強い結果でない限り上値は限定的になる可能性が高く、上では売りを検討できるかもしれません。
目安としては117円ミドル近辺や118円というところでしょうか。

まずはその上下のポイントを意識して雇用統計の結果を待ちたいですね!


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160205ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足では、ここにきて若干上下動の幅が大きくなってはいますが、フラッグを形成しているように見えます。
数なくとも上値は重く、この60分足では既に下値にダイバージェンスがついてはいるものの、緑の楕円で囲ったポイントを起点にヒドゥンダイバージェンスがつく可能性があり、そう考えれば続落の可能性が高いかなという形に見えます。

現在の戻りの目安としては直近のワンスイングに引いたフィボナッチ38.2%(117.17)~50.0%(117.37)のゾーンは意識される可能性があり、今後ジリ上げとなった場合には注目です。

ここを上抜けると61.8%~78.6%近辺までの戻りの可能性があり、雇用統計を考えればこの近辺まで戻る可能性は十分考えられます。

雇用統計での動きを勘案すると少し遠めのポイントを見る必要があることを考えれば、この近辺は注目ですね。

今回の下落で日銀のマイナス金利導入での上昇をすべて呑み込んでしまいましたが、これも日銀のマイナス金利導入で少し世界のバランスが変わってきた影響かもしれませんね!
いずれにしても今日の雇用統計を待ちましょう!

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2323-5f82c92b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT