弱いドル円継続中!同時に下値も意識されるゾーン【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

弱いドル円継続中!同時に下値も意識されるゾーン【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。
日本は大型連休真っ只中ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
遠方までお出かけという方も多いと思います。

その一方で相場は変わらず今日もオープンしています。
ただ、この連休に合わせてか、それとも重要指標が多く金曜日の米雇用統計に向けた様子見か、動きとしてはどちらかと言えば小幅であり、ドル円は先ほど安値をトライして弱い状況には変わりませんが、動きとしては限定的な中での安値更新といったイメージですね。

ドル円は先ほどからの安値トライで106円割れをトライしており、ここを割り込むとついに105円台、105円のビッグラウンドナンバーが見えてきます。

逆に言えば105円~106円の間は非常に強く意識されるレート帯であるため、下も堅くなると思われますが基本は下方向のトレンドであり、戻った場合にその戻り自体が弱いようであれば、売り目線というのは変わらずですね。

同時に今後発表される重要指標にも注目しながら今後の相場を見守っていきたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160503ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

ドル円は今週のオープニング時につけた安値から一旦の調整となっており、106円台の後半まで一旦戻りましたが、その戻り方も弱く、そして先ほどから安値をトライして、安値を更新してきました。

ただ、106円ラウンドナンバーで止められており、今日最初の注目点としては105円台をつけるか?というのが最初の注目ポイントになりそうです。

そして、この240分足チャートでは下値に既にダイバージェンスをつけてきており、現在の安値更新をした下落が止めるとダイバージェンスがほぼ確定といった感じですね。

ただ、仮にここから一旦上方向へのスイングに移行したとしても上昇自体が弱くなると昨日の高値を起点にヒドゥンダイバージェンスがついてくることから、まだ続落の可能性が考えられます。

昨日の高値が106.80なので現時点では戻ったとしても、その戻り自体が弱い場合、106.80の手前までの戻りで再び下をトライする可能性を考えておきたいと思っています。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160503ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足では、現在でも安値をトライしている最中に見えます。
よって、今後このままスイングなしに安値を更新していく展開となると、フィボナッチ自体を引き直す必要があるのですが、現時点で先週からの下落全体にフィボナッチを引いてみると23.6%が107.41となっています。

昨日からのボラティリティはさほど高くはないのですが、全体として動きだすとまだまだ高い状況であることを考えると、この23.6%にも注意が必要であり、仮に急激に戻るような場合には、この近辺に注目しておきましょう。

ただ、現時点では下への勢い自体は若干低下して以前ほどの下落ではないものの、戻りも限定的であるという現実があります。
さらに先ほども書いたように240分足でヒドゥンダイバージェンスから続落というシナリオを考えると23.6%まで戻さずに下落する可能性の方が高い状況です。

よって、直近のワンスイングでのフィボナッチに注目したく。その38.2%が106.33、61.8%が106.51となっています。
すでに下値にダイバージェンスが付き、さらに下値が意識され始めるポイント近辺であることを考えると61.8%をメインに考えたく、106円ミドル~後半というポイントでは戻り売り検討ができる可能性がありそうですね。

このフィボナッチもこのまま安値更新となると引き直す必要があり、そうなった場合は上のチャートでのフィボナッチと若干の誤差が出てきますが、いずれにしても次の上昇スイングと直近ワンスイングでのフィボナッチに注目しながら、売り場探しを基本としたいと思っています。

注意点としては既に下値が意識されやすいポイント付近であることで、値幅を欲張るとすぐに戻されてしまうという状況になる可能性があります。

重要指標も多く様子見ムードになりやすい現状では、基本は短期で考えたいですね!
それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2398-18bdd941

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT