円高進行のドル円反発を見極めるための注目ポイントは?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

円高進行のドル円反発を見極めるための注目ポイントは?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は途中までドル円は下落しながらも底堅いという印象でしたが、その後一気に下落して110円を割り込んできました。
初動に関しては特段材料がない中で利益確定やリスク回避の動きをきっかけにストップを巻き込み、さらに短期筋のリカバリーも入ったようですね。

そして一旦110円近辺で止められたものの、その後安倍総理の消費税増税先送り表明の影響によりさらに下落して110円を割り込む展開で現在は109円前半まで反落しています。。

110円も割り込んでしまった状況を考えると昨日の動画で話した長期足での下落スイングへの移行が思った以上に早く起こってしまったというイメージですね。

今回の下落については、増税自体が2年半と思った以上に延期幅が大きかったことから、今後の日銀追加緩和の期待が後退した完全に日本発信の円高です。
これが落ち着くと再度米国の利上げ観測が注目される可能性があり、利上げに関しては今後本当に利上げできる状況が整うのか?が焦点になってきそうです。

そうなると注目されるのが米雇用統計であり、すでに明日に迫ってきたということを考えるとドル円は今後動き辛い状況になるかもしれないですね。

そういう意味では現時点で下値のポイントを整理しそのポイントでのパターン次第では買いも・・・という感じですが、それにしても一旦の反発を確認したい、短期足での売り検討についてもそろそろ下値のダイバージェンスが気になり、売り辛いということを考えると基本は様子見の中できれいなパターンを伴う反発を待つといった状況でしょうか。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160602ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは直近で上昇していたスイングのトレンドラインを昨日の下落で割り込んできました。
そして110円も割り込んでしまったことで、現在この日足チャートで上昇スイングから下落スイングに移行した可能性が高い状況です。

そこで下値の意識されるポイントですが、直近の上昇に引いたフィボナッチ38.2%は既につけてきている状況で、次は50%の108.48となります。
この38.2%~次50%の間のゾーンは反発の可能性のあるゾーンとなるのですが、現在レート近辺の109円ラウンドナンバー近辺も意識されそうです。

よって、今後この近辺から強めに反発する、または何度も下にヒゲをつける、パターンを形成するという展開であれば、買い検討も可能になりそうです。

また、このゾーンを下抜けると次のゾーンとしては61.8%~78.6%なのですが、そこまで下落するとさすがに買い検討が視野に入ってきそですが、その場合には下落の勢いとダイバージェンス、その他ヒゲ等にも注意ですね。

まずは109円~108円台後半に注目ですね。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160602ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足では先ほど安値を割り込んで下値にダイバージェンスをつけてきました。
よって、下落の勢い自体は低下している状況なのですが、ここから反発の勢いが弱くジリジリとしか上昇しないということになるとヒドゥンダイバージェンスからの続落という展開も可能性は低いものの考えられます。

ただ、形としては買いたい形です。
ここで買いを考えるためには、今後何度か下をトライして下が堅いことを確認するか、一旦強めの反発を確認してからの押し目買いというイメージでしょうか。

市場心理自体が現在弱気なので、続落リスクがあると共に反発するにしてもこの安値近辺でもみ合う可能性は否定できず、必要なのは確認かな~という感じに見えます。

少なくとも日本時間は今回の下落が日本発信だということ、そして昨日のNY市場でのダウも最終的には戻したものの一旦下に向かい状況としては良いという訳ではないことを勘案すると、すぐに市場心理が改善するようには思えないですね。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2424-a8b5fd76

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT