米雇用統計次第!雇用統計時に注目すべきドル円ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

米雇用統計次第!雇用統計時に注目すべきドル円ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日はECB理事会やADP雇用者数等の注目される発表がありましたが、ECBについては乱高下したものの目新しい材料はなく通過、米国指標についてもほぼ市場予想通りといった印象です。

そしてドル円は昨日円高の流れを止められずに下落しましたが、その後は反発しています。
上値が重いように見えた反発初動でしたが、先ほどから少し勢いを増しているのが気になるポイントであり、昨日日経が大幅下落だっただけに、昨日のダウがさほど大きく崩れなかったことで買い戻しが入り、その影響もありドル円も巻き戻しもているといった印象です。

そして昨日一旦108円台ミドルまで下落したところから、現在109円回復をトライしています。
現状の形では次の下落スイングで安値をトライする際にその下落が調整パターンであれば買い検討をしたいところですが、今日は雇用統計もあることから、この結果で大きく変わってしまうのが悩ましいところです。

今回の雇用統計ですが・・・

非農業部門雇用者数 前回16.0.万人増  市場予想16.0万人増
失業率          前回5.0%      市場予想4.9%

となっており、基本前回と変わらないという予想なのですが、これまでの雇用者数の増加の状況を考えると前回が弱く、今回の市場予想はかなり控えめな予想と言えます。

ここまで失業率が回復してくると、徐々に雇用者数の増加は抑えられてしまうということも反映されていると思うのですが、強い方向へのサプライズも期待でき、そうなるとさらに米国利上げ期待が高まりドル高という流れは考えられます。

ただ、週明けにはイエレンFRB議長の講演が予定されており、週の終値に向けてはポジション調整が入る可能も考えておく必要があります。

様々勘案すると上を期待したいものの、雇用統計に向けて今後は方向感のない状況となり、下では買いを検討しながらも基本はイベントに向け様子見というところでしょうか。

まずは現在の状況整理と今後のポイントを整理しておきましょう。
それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160603ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足チャートでは111.43の高値から下落して、昨日から反発に入っています。
この240分足では現在の反発が調整か推進かの判断は難しいのですが、まだ調整という可能性の方が高く、少しなくとも勢いが強いという状況ではないので、再度安値をトライするような下への動きが発生する可能性がありそうです。

そうなると今後考えられる動きとしては下に向かい安値更新、または安値手前でサポートされその後横ばいといったシナリオが濃厚かなと思っています。

既に下値にダイバージェンスをつけており、同時に緑の丸で囲ったポイントを起点としたヒドゥンダイバージェンスの可能性があることが上記の可能性があるかなと思う理由の一つですが、雇用統計前に安値を割り込むというよりは雇用統計の結果次第という状況であり仮に安値を割り込んだとしても大きくは抜けられない、または大きく抜けても戻される可能性が出てきており、今回の雇用統計で大きく市場予想からかい離しない程度の弱い結果で安値を更新し、ヒゲで返されるようであれば買い場が来るかもしれないですね。

いずれにしても下に向かった場合は、止められるポイントとそのポイントでの反応に注目です。

また、今後雇用統計前に下に向かい、その後方向感の乏しい結果となり雇用統計で上に向かった場合ですが、この場合には現在の上昇の高値を抜けられるか?が一つのポイントになりそうです。

要は雇用統計前の横ばいを上に抜けるというイメージです。
その際に上昇が止められ、そこから調整のパターンが形成されるようであれば、買い検討も可能となりそうです。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160603ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足では一昨日から昨日までの下落では細かく上下動を始めており、その前の下落と比較すると明らかに下落の勢い自体は低下している状況です。

ただ、現在の上昇もさほど大きな反発ではないため、再度安値をトライする可能性はあり、その上で勢いが低下していることを勘案すると安値を抜けても戻される可能性がこの60分足でも考えられます。

よって、240分足で解説した通り下抜けしてヒゲで返された場合には注目というのは変わらずですね。

そして雇用統計前までの動きと方向感の乏しい展開を考えると青ラインで引いたような形で上下動を繰り返しながら横に向かう可能性があり、その後上に抜けるか、下に抜けるか?という感じですね。

仮に次の下落できれいな調整パターンが形成されれば買い検討もできそうな感じではあるものの、まずは雇用統計の結果を待つのが現在の相場では良さそうです。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2425-a724b3d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT