ドル円日足で気になるつつみ線と今後のシナリオ【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円日足で気になるつつみ線と今後のシナリオ【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は日銀黒田総裁がヘリコプターマネーの導入を否定したという報道があり、それによりドル円やクロス円が大きく下落しました。
結果的には先日のバーナンキ元FRB議長との会談前の話だったということで下落は止められましたが、その後ダウも軟調に推移したこともあり、ドル円やクロス円は上値の重い展開になっています。

ドル円で気になるのは報道自体は今後に影響する可能性は低いのですが、今回の下落で下に張り付いている、さらに来週には日銀の金融政策決定会合を控えていることから、今後は方向感の乏しい展開になる可能性が高そうです。

基本的には上下のレジスタンス、サポートの間で推移する可能性が高いのですが、今回の動きで現在の市場は非常に神経質で何か下落材料が出れば、一気に下落してしまう円高へのバイアスを失っていないということは確認できました。

よって、今後下値のポイントでの反発のサインに注目すると共に、昨日の下落が大きかったことを考えると今後上に向かってジリ上げとなる調整パターンを形成するようであれば、上で売りという選択肢もありそうです。

今日は金曜なので一定の利益確定やポジション調整は起こる可能性を考えると下への圧力が若干強いかなという印象ですが、今後の動きに注目ですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160722ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは昨日下落したことで結果的にはRSIが70を付けられませんでした。
さらに昨日の陰線とその前日の陽線を見るとつつみ線というパターンに近いものを形成しているように見え、今後一定下落する可能性があることが伺えます。

これにダイバージェンスが伴ってくれると良かったのですが、ダイバージェンスがなく悩ましい状況なのですが短期足で再度高値をトライして、その高値を切り下げる、または高値に向かって勢いがないという状況であれば売り検討ができるようになりそうです。

一方で現在は日本の経済対策への期待が注目されている状況は変わらずです。
よって、V字で戻っていく可能性も同時にあるのですが、今日が週末前であること、翌週に日銀金融政策決定会合やFOMCも控えていることを考えると一旦の下の可能性は考えても良さそうです。

ただし、それでも売りを検討する場合には一旦戻ってほしいというのが正直なところで、冒頭でご紹介したような方向感の欠ける展開で横ばいに推移するとなると下値の意識されるポイントが105円近辺とそこまでの値幅を考えると、やはりジリ下げの調整パターンでの戻りを期待したいですね。

逆にこのまま下落して105円近辺で反発を示すサインがボトムに形成されるようであれば、それはそれで買い検討も可能になるため、基本的には上で売り、下で買いという形で考えつつ上下のパターンに注目ですね。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160722ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足では昨日大きく下落して縦落ちしました。
よって、次の上昇スイングが調整となるとその後の下落スイングではさらに下に向かう可能性が出てきます。

そして、下値の意識されるポイントですが昨日の安値やその下の104.61のフィボナッチ38.2%のポイントは意識されそうです。
その間に105円ラウンドナンバーもあり、この近辺には注目です。

そのまま下落してしまって、この近辺で短期足でのダイバージェンス+ヒゲや2Bリバーサル等のパターンが形成されるようであれば
それはそれで買い検討ができそうです。

要は水色の楕円で囲った2つのポイントが直近の上下のポイントとして意識され、それらを上限下限として横に推移する可能性を考え、上で売り、下で買いのポイントがないかに注目という感じですね。

ここまでこれだけ買われてきたドル円だけに、個人的には現在の下落圧力が気になっており、どちらかと言えば調整パターンでの上昇から上で売りの場合は下限を割り込む可能性もあるかなと思っていますが、今の相場は非常に神経質になっていることを考え両方の可能性、複数シナリオで考えたいですね。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/07/22 20:14 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2467-5b4e671d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT