ドル円の今後、追加緩和でも高値は超えない可能性【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円の今後、追加緩和でも高値は超えない可能性【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日はFOMCに加え、日本の経済政策への報道があり荒れた展開になりましたね・・・。
経済対策に関しては結果的に来月の2日に発表されるということですが、どうなるのでしょうか?
また、FOMCについては短期的な世界経済への不安は後退したという前向きな発言はありましたが、明確な利上げ時期は示唆されず、逆に言えば9月利上げの可能性も否定していないため、これも結果的には上下動しながらドル売りの方向ですね。

そして、ドル円で気になるのは明日の日銀金融政策決定会合ですね。
2日の経済対策内容発表があるため、引き続き注意は必要ですが、見方を変えれば今回の会合で仮に追加緩和が発表されても、それ自体が大きな流れを作るような材料になるのは難しそうですね。

ドル円に関しては、ここから日銀会合までは基本様子見で、会合で何等かの緩和が発表され一旦上に振れてからの売りに絞った方がいいかもしれないですね。

現在のドル円はどちらかと言えば円高圧力が強くなっているようにも見えることから、短期または超短期で売りの継続パターン等も期待できる可能性もあるのですが、積極的にというよりは短期、超短期はきれいなパターンがあればと限定的にしつつ、日銀会合を待つスタンスです。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160728ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では先週の高値から見れば高値を切り下げ、安値も切り下げている状況で下降トレンドを形成しています。
トレンドの特徴としては戻りが深く、勢いはさほど強くないのですが直近の動きを見れば大きめな陰線をつけており、このパターンであれば可能性としては短期足で続落の継続パターンが形成されるかもしれません。

そうなった場合には、短期、超短期戻り売り検討も可能になりそうです。

ただ、日銀の会合という視点で見てみると何等かの追加緩和があった場合には、それなりに強く上昇する可能性は考えられそうです。
そんな中、どこまで上昇するか?を考えるとよほど目新しい期待できる緩和とならない限りは107円台ミドルの高値を抜けるのは難しいかな?という部分もあり、明日が金曜であることを考えると一旦上に振れてから上値が止められ、その後の下落を期待した方が良さそうです。

週末前や月末の巻き戻しの可能性もあることから、明日は一旦上に向かったとしても終値に向けては下に向かう可能性もあり、その動きに期待です。

ただ、仮に強く上昇して上に張り付いた場合には続伸の可能性が出てくるため、その場合には様子見に切り替え、そしてサプライズで緩和なしとなると円高が一気に進む可能性があることから、その場合は短期足での続落パターンを探し下落をフォローといった形で考えています。

このように様々考えらえる中で、期待したいのは明日一旦上に振れるシナリオですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160728ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足ではそれなりに強く下落しています。
よって、短期的な下落を狙える続落パターンを期待したいところですが、RSIがすでに30をつけていることからそうなった場合も次の安値更新でダイバージェンスをつけてくる可能性があります。

そう考えればあくまでも短期での売り検討ですね。

そして、明日の日銀会合で戻った場合ですが、意識される上値のポイントとしては緑と黄色の丸で囲った高値です。
まずは直近のミドルの丸ですが、意識されるという意味では緑と黄色の間の方が双方が意識されるという意味ではいいかもしれないですね。

現在レートからは200pips弱あるのですが、追加緩和であればそのくらいの上昇の可能性はあり、いずれにしても一旦上に向かい始めたら、どこで上値が止められるかを考え、ヒゲをつけ始まるのを待って売り場を探しという形の方が良さそうです。

気になるのが大きな動きになるとストップが深くなることで、あまりにも深く、リスクリワードを確保できないのであれば無理に入る必要はないかなという感じですね。

現状の相場はイベントを控え、しかも月末、そう考えると神経質な相場である可能性が高く、無理せず、焦らずが鉄則ですね!
それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2472-703e309a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT