神経質なドル円攻略に重要な目線は?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

神経質なドル円攻略に重要な目線は?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日の注目はECB理事会とその後の金利発表、声明でしたが結果的には現状維持、ユーロ圏の経済自体は悪くない(以前と比較してというレベルですが・・・)印象の中、まだまだ不十分な部分も指摘され、今後もユーロの動向には注意が必要そうですね。

ドル円への影響はさほど大きくはなかったのですが、ドル円は遅れて反発といったイメージで102円台を回復してきました。
そして、昨日動いた際の印象としては“神経質”という形に見え、仮にここから反発していくにしても、逆に100円割れが定着するにしても、しばらくは上下動を繰り返しながらという展開になりそうです。

こういった時に短期足に集中してしまうと刈られやすい環境と言え、現時点では少し長めの目線の中で、上で売り、下で買いにドル円は徹底した方がいいかなという感じに見えます。

ざっくり101円近辺と104円近辺の2点を中心に、その間でのトレードはよほどきれいなパターンが形成された時以外はできる限り避けるという方がいいかもしれません。

まぁ、それも米国の利上げ動向の先行きがある程度見えるようになるのであれば、状況は変わるのでまずは今月のFOMCに注目といった感じですね。

個人的には年内の利上げの可能性がある中で、今月は厳しいという状況を考えると、ドル円は下に引きつけて買いという戦略をメインにしたい感じではありますが、いずれにしてもしばらくは上値を抑えられて反落で下トライの可能性が残っていることから、上方ブレイクの可能性の高いレンジの中でのレンジ上限下限でのポイント探しがいいかなと思っています。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160909ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足チャートですが、先日の下落により下へのエリオット波動推進波が進行している可能性がある状況でしたが、昨日の反発により黄色信号という感じですね。

また、1波と2波の間の安値を上抜けていないので可能性が再び反落の可能性も残されているのですが、3波と思しきスイングに引いたフィボナッチの浅いポイントへのトライを見ると勢いが強く、まだ上昇する可能性があるため、そういう意味では怪しいですね。

ということは、現時点でどちらの可能性もあり、それであれば上に行った場合には上値での意識されるポイント近辺からの売り、下に向かった場合には下値の意識されるポイントで買いを検討した方が安全そうです。

特に現在は米国利上げに関して年内の利上げは市場参加者の頭に入っています。
それが早期利上げになるのか?それとももう少し様子を見て年末に持っていくのか?という部分が焦点になっています。

よって単に景気への不安により安全通貨の円が買われるという地合いではなく、利上げ期待とその失望により動く地合いとなっています。

そういった相場では下値では割安感からドルが買われる可能性が高く、それに加えて下値の101円~100円近辺は非常に強く意識されるという状況で、上昇した場合には上で利益確定をきっかけに反落するという環境である可能性がありそうです。

2014年の前半のドル円相場に似ていますね。
まぁ、この時ほど長引くかは分からず、FOMCや米金利次第というところですが、ベースとして上記のようなことは頭に入れておきたいと思っています。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160909ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足では昨日強く反発してきました。
上値にはまだダイバージェンスはなくRSIが70をつけてきている状況なのでダイバージェンスをつける続伸の流れが出来る可能性がありそうです。

ただ、先日の下落や昨日の上昇を見ると冒頭でも書いたように神経質な相場環境であるというのも事実です。

そういう意味では細かな動きというのは指標や要人発言で乱高下しやすく、少し避けたいところです。
そう考えれば、仮にここから下落していった場合や直近の安値近辺や安値下で買い検討を、逆に上昇した場合には先週終わりの高値に引きつけての売りを検討する形の方が良さそうです、

上値が重いため、先週高値から直近安値でフィボナッチを引き直して上値のフィボナッチポイントを見てみると61.8%が103.11になっています。
少なくともここよりも上で勢いの低下が見られればという感じですね。

下での買いの場合には、エリオット波動推進波進行中という可能性もあることから、安値を割り込む可能性があるため、上の場合は高値手前から高値、下の場合は安値近辺から安値の下という感じで見ておくのがいいかなという感じに見えます。

ちなみに、今月のFOMCについてですが利上げの可能性は低く見られているようです。
よって下をトライする可能性は十分に考えられ、逆に事実が出ると次の利上げの可能性に向かった上向く可能性もあることから、やはり次のFOMC結果をどう市場が捉えるかは重要になりそうです。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2509-be06c565

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT