ドル円FOMCまで方向感乏しい展開とその中でのポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円FOMCまで方向感乏しい展開とその中でのポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は週末前から注目されていたブレイナード理事の講演がありました。
もともとハト派で有名だった彼女からタカ派的な発言があれば一気に米国利上げの期待が盛り上がったところですが、内容的にはハト派な利上げに慎重な内容となり、市場としてはこれまで期待されていた利上げ期待が後退という結果になりました。

ただし、一方でこれだけ多くの要人が利上げに関して前向きな発言をしているだけに、完全に利上げが否定されたという状況ではなく、FOMCを来週に控えた現時点でリセットされてしまったという感じでしょうか。

昨日の発言以降はドル円は下をトライする展開となっていますが、この勢いも大きく下落し100円を割れるという雰囲気ではなく下押し圧力がかかりながらも、今後しばらくは方向感のない状況が続くかもしれないですね。

そういう意味では、今後新たな材料が出ない限りはあまり期待できない相場となりそうです。
ここからは、要人も発言を控える期間であり、基本は方向感の欠ける小幅な横ばいというイメージで考えておきたいと思っています。

そこで重要になるのが上下の意識されるポイントで、これはここ最近意識されているものとさほど大きく変わっていませんが今日は今までの動きも見ながら再度意識されるポイントを確認してみましょう。

可能性としては下は101円と100円の2点が意識される可能性が高く、まずは101円近辺だと思っています。
それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160913ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では今週に入り下に向かって動いています。
しかも昨日一旦直近の上昇で引いたフィボナッチ61.8%近辺でヒゲをつけたのですが、その後その安値を割り込んでいることから勢い的にはまだ下の勢いが強そうな雰囲気です。

そういう意味では、もう少しの下落は考えておいてもいいかなという状況ですね。

そこで8月中旬から9月初めまでの上昇全体にフィボナッチ(赤)を引いてみると61.8%が101.35となっています。
この下には直近安値の101.18があり、今の下落を勘案すると、この近辺は強く意識されそうであり、まずはこの近辺からの反発を考えておきたいところです。

ただ、仮に反発したとしても、その反発も上値が重い展開となる可能性があり、買いを検討する場合にはしっかりとボトムにパターンを確認しつつ、さらに上値は欲張らずが基本かなと思っています。

仮に反発した場合ですが直近高値が103円近辺であることを考えると、ここを上抜けるのは厳しいなという印象で、103円近辺ではむしろ売り検討を考えたい相場とも言えます。

また、大きく101円を割りこむような展開となった場合には直近の下落にフィボナッチエクスパンション(青)を引いてみると100%が99.92となっています。
このポイントは100円ラウンドナンバー近辺であるため、ここまで下落する可能性は低いものの、仮に下落した場合にはこの近辺が買い直しポイントとなる可能性があるため、ここも注目しておきたいですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160913ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足チャートですが、既に下値に複数回のダイバージェンスがついています。
ただ、それでもなお緑の丸で囲ったRSIの高値を起点にヒドゥンダイバージェンスの可能性があり、下落の勢い自体は低下しているのですが断続的な下落圧力がかかっているのが分かり、これを勘案しても100円近辺までの下落の可能性は低いものの、続落の可能性は十分に考えられるという形に見えます。

そうなると直近のワンスイングに対して戻りは若干大きめにはなるものの、下をトライする展開が続き、その動き自体がトレンド終期の特徴となりながら、いずれ下から反発という形になる可能性がありそうです。

そこで先ほどの240分足チャートで示したようにフィボナッチ61.8%や直近安値、そして101円近辺というのは短期買い検討ができる可能性があることから、今後まず注目したいのはこの近辺でのチャート上での市場の反応ですね。

まぁ、基本的に方向感の欠ける展開になる可能性があることから、無理をすることはなくトライするにしても下値のパターンを限定したり、回数を限定したりしながら場合によってはFOMCまで何もできなくても問題ないくらいの感じでも問題はなさそうです。

要は今後はしばらく小幅なもみ合いとなる前提で、しかもFOMCに向けてはボラティリティが低下する可能性もあるため、その点に注目しながらチャンスがあればという感じですね。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2512-40ab8dbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT