週明けのドル円イベント前は小規模レンジ内での推移前提【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

週明けのドル円イベント前は小規模レンジ内での推移前提【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今週も始まりました!
が・・・今日は祝日で日本はお休みですね。
軽く忘れておりました・・・。

しかも今週前半はFOMC、そして日銀金融政策決定会合を控えていることから商いが薄くなる可能性が高いことから、まずは様子見といった雰囲気です。

今朝のドル円の動きを見てもほとんど動かずといった状況で、週末中の動画でもご紹介した通り上下の意識されるポイント内での小幅な動きになるのでは?と思っています。

こういう時には焦らず静観が一番ですね。
そして上下のポイントに近づいてきたところで注目といった感じですね。

むしろ今は週末前に比較的大きく動いたユーロドルやポンドドルの方が注目したく、巻き戻すのか?それとも続落なのか?はチェックしておきたいところです。

また、これらのドルストレートの動きによってドル円とクロス円の相関が通常とは崩れてきているため、その点も頭に入れておきたいところです。

全体的に見れば今朝は若干のドル売りかなという雰囲気ですが、まずは今朝からの動きも含めたドル円チャートを見てみましょう。


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160919ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

今日はまずドル円日足チャートです。

この日足チャートでは過去数日間に渡り非常に狭い範囲でのレンジ、もみ合いを形成してきています。
よって、この日足チャート的にはこのもみ合いを上に抜けるのか?それとも下に抜けるのか?に注目なのですが、現時点ではイベントを控え、このレンジ内で推移する可能性が高そうです。

そして日銀会合やFOMCでここをどちらかにブレイクしていくと言ったイメージですね。

よって、週の前半のイベント前の段階ではあくまで小規模レンジ内での推移を前提とした、その上下での反応に注目しながら短期トレードのポイントがあればという程度で考えています。

逆に言えば、比較的反発、反落のポイントが読みやすいため、こういったポイントが好きな短期トレーダーもいますが、この場合の問題はリスクリワードですね。

それが確保できるか?という部分もしっかりチェックすべき項目として頭に入れておきたいところです。

また、この小規模レンジの上下にあるポイントを見てみると下は101円~100円、上は104円~105円とこちらもそれなりに分かり易いポイントに意識されるポイントがあります。

この近辺はイベント時やその前であっても大きく動き、意識されるポイントとして注目しておきましょう。
そう考えると、よほど思い切った内容がイベントで出てこない限りは今回のイベントで大幅に動くトレンド相場は難しいかなという気もしています。

まぁ、このあたりは大きく動いた際の動きや反応を見て判断という形で、現時点では保留にしておきたいと思います。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
160919ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足チャートでは完全に横ばいの推移といった状況です。
そして、この240分足で現在のレンジ、もみ合いの上限下限を見てみると緑の丸で囲ったポイントがそれに該当します。

上限が103.34、下限が101.18となっており、今後さらにボラティリティが低下していくことを考えると、このあたりまでも動くかどうか・・・という感じですね。

ただし、今の環境で短期トレードを考えた時に中途半端な位置だと、入った後にどうしようもなくなる可能性があることから、あくまでこの2点に引きつけて、その上で反応はどうか?という形で考えつつ、入れないなら入れないで問題なく、むしろ今からイベント後に焦点を絞るという形でもいいくらいかなという感じで考えています。

また、今回のイベントでの注目ポイントですが日銀は追加緩和と実施であればその内容や規模、FOMCに関しては今月利上げの可能性が全くないという訳ではないのでサプライズが起こることも考えられますが、期待は低下していることを勘案すると今後の利上げ動向で年内利上げをする意向がFRBにあるか?という部分ですね。

イベント前はこの観測で動くと思われますが、米国の要人発言等の機会もなく、前半はどちらかと言えば小規模レンジでの方向感の乏しい展開を前提にした方が良さそうです。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2517-bdaebe3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT