円高圧力継続ながら方向感乏しい展開のドル円ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

円高圧力継続ながら方向感乏しい展開のドル円ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

ドル円は続落ですね。
ただ、為替市場全体的に動き自体が小幅で若干のドル安傾向という動きとなっており、材料難という状況は変わらずです。
現在はトランプ新政権の税制改革案やその他財務政策、さらに米国利上げに期待はしたいようですが、不透明感が強く積極的にドルを買える状況でもないといった状況です。

それに加えて続伸し続けるダウの加熱に懸念されており、このダウが調整とは言え巻き戻しを始めると巻き戻しだけは為替市場に影響する可能性があり、その点については注意です。

そんな中、今後のドル円ですが近いところで利上げに対する期待がもう少し大きくなってくるかな?という印象はあります。
それに対し、ドル高のけん制等の動きがあるか?という部分は気になるのですが今後少し長い目で見て、いったん上に向かう局面はくるのかな?と思っています。

それが今か?と言うと、まだ少し先になりそうで現在のチャートを見ると昨日の動きを継続して、まだ下に向かう可能性を優先した方がいいかなという形に見えるため、まずは昨日の安値からの動きに要注目ですね!!!

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170224ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

このドル円ですが直近の最高値から下落した際のトレンドラインを上にブレイクしましたが115円が意識され、現在は下に向かう形で高値を切り下げています。

また、112.60の2月17日につけた安値も昨日の動きで下に抜けたことから、次の意識されるポイントとしては緑の丸で囲った111.58のポイントが意識されそうです。

言い方を変えると、この近辺からはある程度底堅さを増す可能性があり、仮に緑の丸で囲ったポイントを下抜けても昨年の98.97の安値から引いたフィボナッチの38.2%である111.13があること、ここを下抜けると110円ラウンドナンバーもあることから大きくは抜けない可能性が考えられますね。

よって、この日足チャートではそろそろ底を意識するポイント近辺が近づいており、仮にここから下に一旦勢いをつけ、下でひげをつけるといった形になれば買いチャンスがくる可能性は考えられます。

その反発がどこまで上昇するか?についてはまずは控えめに考えた方が良さそうですが、長期目線ではその可能性を考え、逆に下落してもヒゲで返されず下に張り付く場合には続落を考えるといった形が現状ではいいかなと思っています。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170224ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足チャートで昨日の下落で小さなダイバージェンスをつけてきました。
ただ、反発は弱く現在は少し大きめの陽線を形成していますが、スイングを伴っていることから安値から現在の上昇がまだ調整の可能性がある状況です。

よって、ここから大きめな陽線をつける場合には、このままある一定反発の可能性が考えられますが、上値が重いという形になるようであれば続落の可能性を考えなければいけないチャートの形に見えます。

そこで、今後のドル円の細かなポイントですがこのまま上に向かってしまうとさほど上値がない可能性があります。
場合によっては、このまま方向感のない状況になることから仮に上昇し上値に明確なヒゲがつけば短期、または超短期売り検討も可能そうですが、むしろ下に一旦大きく下落し111.58に近いポイントでヒゲであれば買いを検討したいという感じですね。

そして売りを検討する場合は昨日のブログでもご紹介しましたが、こちらもある程度大きく上昇してくれた方がよさそうで114円台くらいまで上昇してくれると上値の反応にもよりますが売りやすそうです。

これらを総合的に考えると、現状は場合によっては短期、超短期での売り検討できる可能性はあるものの、それを除いては基本的には様子見の中でレンジ前提とした下で買い、上で売りといった感じで考え、その中で下に向かって下落し反発せず下に張り付くパターンの場合には要注意といった感じでしょうか。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2649-c37de875

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT