ドル円続落の可能性も戻り目安は深めに設定の理由【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円続落の可能性も戻り目安は深めに設定の理由【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日はADP雇用統計の発表があり、市場予想を上回る結果だったことでドル円は買われる展開となりました。
ただ、その後のFOMC議事録の公表があり、その内容により反落となっていますね。

どちらも意識されるイベントだったのですが若干反応しすぎかなという印象は拭えません。
市場も何等かの材料を探しているということだと思われますが、いずれにしてもドル円はこれだけ反落が早いことを勘案すると弱いと言わざるを得ない状況ですね。

そんな中、やはり円が他と比べて対ドルで圧倒的に強いイメージになっているのは、米中首脳会談の内容や北朝鮮問題が問題視されており、アジアへの不安が強いのかな?と思っています。

まぁ、いずれにしてもドル円は反発しながらも下に戻される展開となり横ばい継続といった感じですね。
ここから先は米雇用統計が控えており、さらに米中首脳会談があることから、基本的にドル円は上値の重い展開が予想され、今後上値が重い展開での上昇スイングが形成されれば売り検討という感じで考えたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170406ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では昨日のADP雇用統計の上昇で思った以上に強く上昇したのですが、その後は111円ミドル近辺で上値を抑えられて反落しています。

そして現状では直近の安値近辺まで下落している展開ですが、形的には下がフラットに近いもみ合いになっており、ここから期待したいドル円の動きとしては一旦上に向かい、その上昇がじりじりと上昇する調整の展開となれば売り検討できる可能性が出てきそうです。

イベントを控えている状況で、動きづらい状況なので方向感があまりにもないということであれば、何もできない状況になる可能性も同時にあるのですが、現状ではまず上値の重い調整の上昇があればということに絞って、それ以外は様子見を行うという形がよさそうです。

また、基本的に現状の相場ではドル円以外のドルストレートはドルが若干売られてはいるものの、その上値は重くドル円に関してはドル売りの圧力が強いという状況です。
この関係からクロス円も弱くなっているので、ドル円以外のクロス円も同じように売り検討を考えるパターンを形成される可能性があることから、ドル円とともにクロス円もチェックですね。

続いては60分足で戻り目安を見てみましょう。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170406ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円60分足チャートです。

この60分足では昨日の夜半から下に向かって縦落ちしている状況です。
下値にダイバージェンスはなく、ここから続落を考えたいところではあるのですが、一方で現状は動きづらい状況で安値を仮に割れてもすぐに戻されるリスクが高いようにも見えます。

よって、戻り売りを検討するにしてもある程度戻ってほしいという部分があり、ここから浅い戻りとなるフラッグやその他の続落パターンを形成する可能性があるのですが、できればもっと深く戻ってほしいですね。

その目安としては直近の下落で引いたフィボナッチ61.8%の110.99~78.6%の111.19近辺を一つの目安にしたく、ざっくり111円というところでしょうか。

現状の細かな動きを見ると、先ほど書いたように浅い戻りで安値更新の可能性はあるのですが、仮にそうなっても次の安値更新でダイバージェンスがつくと共に、安値下には110円のビッグラウンドナンバーが存在しています。

よって仮に浅い戻りからの続落があった場合については、その更新後の一旦の戻りを待った方が良さそうです。
超短期トレードということであれば話は別ですが、基本はこのまま深めに戻るのを待つか、浅い戻りから安値更新した場合は新たに付けた安値にフィボナッチを引き直し、そのフィボナッチポイントで改めて目安を探し売り場探しという形がよさそうです。

現状の相場環境は景気的な部分なんかを見るとドルが強くなってもおかしくない状況ではあります。
6月の利上げ確率も上がってきているので買われてもいいのですが、それに反して円が強いという事実がここにあり、何等かの理由や市場に不安がある可能性があり、まずはそちらを見ながら反発に乗るのは何等かの材料が出てきてからかなと思っています。

その材料となりそうなのが雇用統計や米中首脳会談ですが、この両方とも逆に作用する材料となる可能性もあるので、まずは今の足元を見るという感じでしょうか。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2684-039ae7aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT