米雇用統計の動きで注目すべきドル円ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

米雇用統計の動きで注目すべきドル円ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日ドル円は久しぶりの反発となりました。
ここまでは大きく安値を更新できない環境が続いており、その環境下ではどうしても売りを仕掛けても値幅を確保しづらい状況だったことを勘案すると、むしろ今回の動きは今後のために良かったと捉えられますね。

今回ドルが買われた理由ですが、昨日のADP雇用統計で市場予想を大きく上回る結果になったこと、さらに要人発言でも利上げに前向きな内容があり、市場は実質的に6月利上げの宣言と受け取ったようですね。

ただ、その他のドルストレートを見てみると思った以上に反応が薄いのが気になり、6月利上げ確率的には90%を超えてくるような展開にはなってきているのですが、言い方を変えれば6月の利上げが終わり、さらにFOMCで次の利上げへのヒントがない状況だとドルはむしろ売られる展開になることは頭に入れ、FOMCに向けては仮に今後ドルが買われる相場となったとしても、イベント前後にはピークを打ち、ドルが売られると考えておいた方がよさそうです。

また、今日は米雇用統計です。
昨日のADPが強かっただけに期待したいところですが、昨日のADPの結果は強すぎるという意見もちらほら聞かれることから市場は思った以上に冷静に反応するのでは?と考えています。

いずれにしても、現状できることは米雇用統計に向けて上下の意識されるポイントを整理し、その上で雇用統計の結果次第でそれらのポイントに向けた動きの勢いやその近辺での反応に要注目です。

そして今回の雇用統計の市場予想は・・・

非農業部門雇用者数  前回:21.1万人増 市場予想:18.2万人増
失業率           前回:4.4%     市場予想:4.4%

このような予想になっています。
前回が比較的良かっただけに、今回は控え目な感じではあるのですが、この予想からのかい離には注目しましょう。
ここまで失業率が改善すると雇用の伸びは鈍化しても致し方なしと考えられますが、それ以上に賃金が注目される可能性もあり、単に雇用者数や失業率の結果だけでなく、賃金の伸びと市場の反応にも要注目です。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170602ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

今週は下降トレンドを形成していたドル円ですが、昨日はその下降トレンドを上にブレイクしてきましたね。
ただ、直近の大きな下落後の動き全体を見てみると上下に振れながらのどちらかと言えば横ばいに近い形になっています。

もちろん直近高値(112.11)を抜けて勢いが強いという形になれば次が3波という可能性もあるのですが、現時点でそれを期待するというのは、高値の上にABCのターゲットポイントや直近下落のフィボナッチ61.8%もあるので厳しいかなと思っています。

よって、それらの意識されるポイントを達成した時に張り付くのか?ヒゲで返されるのか?に注目しながら今後の展開次第で今後の方向感を考えていきたいですね。

そして、その意識されるポイントですが、まずは112.11の高値、これは非常に強く意識されそうです。
また、先日の大きな下落の安値から引いたフィボナッチエクスパンションの100%の112.36も意識されそうです。
さらにその上にはフィボナッチ61.8%の112.77もあることから、まずはこれらの高値での反応には要注目です。

その時の勢いを張り付くか、ヒゲで返されるかで見る形になりますが、よくあるパターンとしては翌月曜に高値をつけて、その後反落というパターンはあるので、そのあたりのシナリオも考えておきたいと思っています。

一方で下の意識されるポイントですが110円台は下値のポイントとして意識されており、要は110円割れは避けたいという心理が働きやすいようで、今週の安値に向かって下落し、その安値(110.47)手前でヒゲで返される等のパターンが形成されれば、短中期的な買いの検討はできるかもしれないですね。


ドル円60分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170602ドル円60分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円60分足チャートです。

この60分足では昨日のNY時間から急激に勢いをつけ、現在すでにダイバージェンスがついてきています。
ただ、直近の上昇が強いだけに、仮に押し目を作ったとしてもヒドゥンダイバージェンスがついてくる可能性があります。

よって雇用統計がないのであれば、次のこの60分足で次の下落スイングが調整になれば反発を狙った買い検討も可能かなというパターンではあるのですが、ただ長期足で見れば、下降トレンドの渦中である可能性が考えられるのと、今日が雇用統計であることを勘案すると無理はしたくないというのが本音ですね。

まずは雇用統計の結果を待ちましょう。
そして、この60分足ベースで意識される可能性のあるポイントですが、フィボナッチ(青)111.76が上値の意識されるポイント、下ねが111.21や110.92あたりは意識されそうです。

メインとしては240分で見たいのですが念のため、このあたりも意識しておきたいですね。
ちなみに、雇用統計後も含めた大きな流れとしてメインにしたい戦略としては、やはり引き続き上で売りを検討したく、112円台より上では利上げ近辺でのピーク後の反落を見据え、準備をしておきたいと考えています。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2733-f2598c6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT