ドル円米雇用統計次第!上下どちらも想定したポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円米雇用統計次第!上下どちらも想定したポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

日経やダウが軟調に推移する中、ドル円は比較的底堅い展開になっていますね。
これは市場の注目が米国や株式市場よりもユーロ圏や英国の緩和縮小観測による長期金利の上昇がドル円に影響しているのでしょう。

現状ではこれらの材料の方が為替への影響が大きく、いつもの相関関係とは違うということを頭に入れて、相関の弱さに振り回されないようにしたいですね。
一方で今日は米雇用統計です。
さすがにドル中心となる可能性やその結果にドル円が上下どちらか、または両方に振れる可能性が高く、まずは雇用統計待ちと考えたいですね。

ただ、今のこの市場の反応を考えれば、ドル円が崩れない状況で、クロス円が底堅く推移する可能性が高いことから、その点に注目するのとともに、直接的に影響のあるユーロドルやポンドドル、ドルカナダなどには要注目です。

また、今日からG20が開催され、そこでの動きも週明けの値動きに大きな影響を及ぼす可能性があります。
よって、基本今日は様子見とするのがよさそうです。

まぁ、ドル円は底堅い状況ではあるものの動けないでいるといった印象が強く、まずは今回のイベントでもみ合いをどちらにブレイクするか?に注目しておきたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170707ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

このドル円は数日前に高値をつけた後は高値を更新できず、同時に下値も形状況になっています。
見方によっては小さなペナントを形成しているように見え、その前の動きが上であることを考えれば、上に抜ける可能性が高いかな?という印象があります。

ただ、今日は米雇用統計であり、あまりにも市場予想を下回るようだと逆にブレイクする可能性があるので、その点には注意しておきたいと思っています。

現在の市場予想は・・・
非農業部門雇用者数  前回:13.8万人増 市場予想:17.8万人増
失業率           前回;4.3%     市場予想:4.3%
となっています。

ここまで失業率が改善してくると、雇用の伸びが鈍化するのは致し方なしと市場も考えているようで、多少下振れても大きな影響はない可能性がありそうですね。
よって、多少の弱い結果で下に振れヒゲでかえってくるようであれば、買いのチャンスもありそうです。
その時には直近の高値までの値幅とリスクリワードには十分注意ですね。

というのも、ドル円は雇用統計が終われば下落という可能性があるかな?思っているからです。
弱い結果であった場合は、もちろん数値や市場の捉え方によってはそのまま下落の可能性が考えられます。
そのまま下落の場合にはヒゲで返されず張り付く展開となるので、そうなった場合には要注意です。

逆にヒゲで返される、または強い結果となり高値を更新しても、よくあるパターンとして月曜の中盤までは買われるも、その後は利益確定が入り反落という流れはよくあるパターンで、要は結果に関わらずイベントが終われば大きさは別にして利益確定が入り調整入りという可能性があるということです。

よって、どういった結果であれ、このあと高値を更新し、ヒゲで返されるようなパターンには要注意ということですね。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170707ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では完全に横ばいという展開となっており、まずはこのどちらを抜けていくか?に要注目ですね。
それも基本は雇用統計はG20次第という部分があり、仮にその前に高値更新をしても、待った方がよさそうですね。

その中で下値の意識されるポイントとしては113円ラウンドナンバー近辺、さらにその下のフィボナッチ61.8%の112.46近辺は意識されそうです。
よって、下に振れた場合には、この近辺でヒゲで返されないか?に要注目といった感じでしょうか。

逆に上値としてはそろそろ上値の意識されるポイント近辺です。
よって高値から114円近辺に向かってはヒゲに要注意という感じで考えています。
ただ、現状は物理的に長期金利が高いという特徴もあるので、ヒゲの状況や場合によっては反落を確認し高値を切り下げる動きを確認してもよさそうです。

ということで、少し考えられる対応を整理してみると

雇用統計が強い場合ドル円は上昇するも、上値でのヒゲに注目
ヒゲで返されるという展開であれば、その下落の大きさなやヒゲの長さ次第で売り検討
逆に張り付くようであれば様子見で上値での反応に注目

雇用統計が弱い場合
下落し下値の意識されるポイントでヒゲで返されるようなパターンの場合は上値までのリスクリワード確認し買い検討
張り付く場合には、継続パターンや高値リトライからの売り検討も視野

という感じでしょうか。
要はイベントの結果を見ないと何とも言えないのと、あとは買いを検討するのであればポンド円やユーロ円、その他のクロス円の方がいい可能性があり、場合によってはシンプルに他のドルストレートの方がわかりやすい可能性もあります。
よって、他の通貨ペアもしっかりチェックですね!

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2763-32d2a206

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT