FOMCでドル安進行、注目すべきは強い反発パターン!?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

FOMCでドル安進行、注目すべきは強い反発パターン!?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日のFOMCでは概ね市場の予想通りの結果で早期のバランスシートの縮小開始が示唆される結果になりましたが、ただ内容的にFRBが若干慎重な姿勢と取れる言い回しをしたことからドルが売られる展開となっています。

ドル円は下落、ユーロドルやポンドドル、豪ドル米ドルは反発、ドルストレートではドルが売られる展開となっています。
ただ、今回のFOMCで気になるのが確かにFRBが慎重だと思われる姿勢にも取れる声明ではあったのですが、経済の状況であったり、金融政策の方向性であったりが変わるようなこともないので、単にドルが弱い状況が続くと考えるのは少し難しそうです。

そうなると対ドルの通貨の強さも同時に見るのがよく、最近はユーロが対ドルで非常に強くなっています。
一方で円が対ドルでどこまで強くなるか?と考えると微妙であり、特に下値に110円のビッグラウンドナンバーを控えていることから、ドル売りならドル円以外のドルストレート、ドル円については少し様子を見ながら、次のパターンを待った方がいいかなと考えています。

今日のFOMCを消化したことで、一定の安心感が出るとドル円は買い戻しが入る可能性はあるのでは?と見ています。
現状ではまだ下に向かった後さほど動いていないこと、続落余地があることを考えると110円台に入ったところでの反応にまずは注目したいところです。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170727ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートではせっかく上昇してきたドル円が昨日のFOMCにより全戻しという流れになっています。
同じような大きさの陽線と陰線が並んでいること、さらに次の安値更新でダイバージェンスがついてくることを勘案すると現状ではダイバージェンスがなく、そのダイバージェンスをつけに行く下落が発生することを考えるとまだ下落する余地は考えられます。

ただ、一方で110円台が意識されていることや、直近の安値も意識されやすいポイントであることを勘案すると安値更新の有無に関わらず直近安値の110.62を中心に考えるのがいいかなと思っており、まずは今後下落してきた時の下値の反応に注目したいですね。

FOMC声明発表は時間的に日本はもちろん欧州市場のクローズしている時間帯なので、今後欧州市場で今回のFOMCを織り込み一巡し、その後どう動くか?に注目したいですね。
そういう意味では、今日の欧州初動近辺では下に向かう可能性が考えられ、その後下値にヒゲで返されるのか?張り付くのか?に注目したいですね。

個人的には110.62の安値を一旦抜けて、その後ヒゲできれいに返され、ダイバージェンスがついた下ヒゲのパターンに注目したいなと思っていて、そのパターンが形成されれば買い検討かなと思っています。
ただ今回の件でドルがどこまで強くなれるか?が微妙で反発自体もゆっくりとした反発になる可能性は考えておきたいのと、ユーロドルなどの対ドルで強い通貨との組み合わせのドルストレートではドル売りを優先したいですね。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170727ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足ではFOMCの声明発表以降は下落し大きな陰線をつけています。
これだけ縦に下落するとしばらくは下落が継続する可能性も考えられ、場合によっては続落パターンを形成し、下をトライする可能性が考えられます。

そうなると直近安値はもちろん意識される可能性が高いのですが、一旦ここを割り込む可能性を考えておいた方がいいかなという感じですね。

そんな中で60分足や240分足などの時間足で続落パターンが形成されれば短期または超短期売り検討もできるかもしれません。
ただ、やはりメインにしたのは今の下落が落ち着いてからの反発に注目したく、ドル売り検討は他のドルストレートに任せ、ドル円は安値を割り込み110円台で反発のサインが現れないか?に要注目だと思っています。

そうなるとチェックすべきポイントとしては、日足でのヒゲやダイバージェンス、240分足や60分足では続落のパターンに加え、下値でのヒゲやダイバージェンス、またはこれらの短い足では一旦の反発を確認するという形で考えるのもいいかもですね。

相場環境として気になるのがFOMCというビッグイベントを終えたことで、夏がれ相場となる可能性も考えられ、少し手数を抑えるという意識の中でドル円は日足で安値更新後ヒゲで戻すといった特定のパターンで待つのがいいかもですね。

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2780-a8eb8c9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT