ドル円反発パターン形成でも注意すべきことは?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円反発パターン形成でも注意すべきことは?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

一昨日から地政学的リスクが意識され、円高進行していますが昨日の下落はとりあえず落ち着いたかな?という印象ですね。
ただ、相変わらず北朝鮮と米国トランプ大統領の間での攻防が解決した訳ではなく、トーンダウンしたという情報もない状態であることから、下落は止められている状況ながら、ドル円、クロス円の上値はしばらく重くなる可能性、安値を切り下げる可能性は残されていると考えた方が良さそうです。

本来であれば、110円近辺からの買いを検討したい局面ではあるのですが、上昇しても上値が重いのであれば、基本は短期で考えるのが良さそうです。

ドルに関しては地政学的リスクだけでなく、物価上昇圧力が上がってこないという別の問題も抱えているという観点から見れば、今後は安値近辺での推移、その後底値を固め、物価上昇圧力が上がってくる方向で改善され、さらに地政学的リスクも軽減されればという感じですね。

これだけを見ると難しい環境かな?とは見えるのですが、同時に110円が意識されることにより、この下値でヒゲをつけるようだと、この近辺が仕込みのポイントになってくる可能性もあるので、今後もしっかりと下での反応や市場心理などはチェックしておきたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170810ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは昨日の安値更新で、複数ついたダイバージェンスが1回追加された形になっています。
ただ、やはり勢いは低下しており、さらに昨日のパターンだけを見れば、2Bリバーサルにもなっていることから反発の可能性が出てきています。

その2Bリバーサルですが、下ヒゲでその前の安値の上では引けているものの、気になるのが陰線であるということです。
同じパターンでもろうそく足が陰線か陽線であるのとでは、信頼性が変わってくることから、今回のパターンが陰線であるということを勘案すると、このパターンがだましで再度安値を更新する可能性も残されている状況です。

そういう意味では、買いを検討する場合はあくまでも安値に引き付け、その近辺でという形がいいかなと思っており、さらにその安値近辺で一度もみ合い底値固めをしてくれると、買いやすいかな?という状況ですね。
さらに、その底値近辺で下ヒゲなどが形成されるようだと、買い検討です。

そして、このパターンであればこのまま安値をトライせずに上昇という可能性も考えられます。
同時に安値トライの可能性もあるのですが、いずれにしても現状の相場環境であれば、どちらであってもじりじりしか上昇せずに調整のパターンとなる可能性も考えられます。

そういう意味では、まずはあまり期待せずに直近のターゲットまでと考えつつ、上昇の勢い、相場環境の改善が期待できるようでれば伸ばすという流れで考えるのが良さそうです。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
170810ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円240分足チャートです。

この240分足では昨日の安値からは反発をしています。
それなりに大きめな陽線をつけているようにも見えるのですが、形的には上値が重い展開時によくあるパターンに見えます。
そして、このままこの形を維持しながら上昇するようだと、現在の上昇自体が調整で直近の下落で引いたフィボナッチ(黒)の浅いポイントから再度安値をトライする可能性が考えられそうです。

よって、このまま下をトライせず今の240分足でのパターンを継続するようなら無理に買い検討せずに、その後の下落を考えた方が良さそうです。

また買いを検討できるとすると日足でも書いたように、安値近辺とトライしてヒゲで返される、または緑の楕円の近辺で一旦横に向かい底値固めをして、その下限でヒゲを多くつけるといったパターンであれば、買いが検討できそうです。

今の状況では状況が一気に好転するように見えない状況ながら、だからと言って投げ売りになるになるような危機的な状況はとりあえず一旦回避して様子見といった状況です。

しかも夏の方向感の出にくい環境であることは間違いないことから、無理をせずにしっかりとポイントを絞り、安値トライを待ち下でのパターンを見ながらという形に絞るのがいいかもですね。

地政学的リスクはいつ、何が起こるかわからないことから、無理せず待ちましょう!
それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2789-c8ca6db6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT