ECB影響薄い中、まさかのトランプ発言でドル円反発【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ECB影響薄い中、まさかのトランプ発言でドル円反発【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は注目のECB理事会がありましたが、その内容自体はECBが現在のユーロ高に対して懸念が広がっており、政策は変更しない中で今後何等かの対応が必要になる可能性にも触れました。
ただし、実際にはECB理事会後の声明ではユーロ高ドル安傾向は変わらずといった流れの中で、その後米国のトランプ大統領によるドル高を望むといった発言の方が大きな影響を与えました。

その発言によりドルが反発し強い方向に向かっており、これでここまでのドル安の流れが一旦止まる可能性がありそうですね。
とはいえ、ここから本格的なドル高トレンドが形成されるのか?と考えると非常に微妙であり、結局その前の米財務長官の発言は何だったのだろう?という印象ですね。

結局は材料に乏しく、要人発言で方向感がコロコロ変わる展開であるという環境であるということなんだと思いますが、ここまで売り込まれたドル円は一旦の反発局面である可能性はあるので、次の下落スイングが調整であれば買いの検討をしていきたいですね。

ただし、それでもドル円がどこまでの上値があるか?と考えると非常に微妙な状況であり、短期的には材料が出た形ですが中長期で材料不足の現状を考えれば、材料難の相場ではドル円は横または下という傾向があるので巻き戻し期待も上値は大きくないと見た方がいいかもしれませんね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180126ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足では綺麗に下ヒゲをつけてきました。
さらにダイバージェンスもつけていることから、これでダイバージェンス自体は確定とみて問題はなさそうです。

ただ、同時に111.47の高値を起点にヒドゥンダイバージェンスが付く可能性があり、戻っても111.47手前で、一旦は下をトライする可能性があるかなと思っています。

この日足のトレンドという意味では直近の下降トレンド終了のポイントが111.47になることから、まずは巻き戻すも111.47を上抜けられるかが、その後のドル円に影響を与えそうです。

また、昨日のトランプ大統領の発言で巻き戻してはいるものの、これが本物かどうか?については不確実な状況であり、昨日までもご紹介しているシナリオ継続で、一旦の大きめな反発を確認し、その後安値を切り上げるのを確認したいですね。

そういう意味では、現在は昨日までご紹介していたシナリオの反発確認が終わり、次の視点としては安値を切り上げるのか?という部分に視点を移し、短期足をチェックしていきたいと思っています。

昨日の日足の安値でヒゲをつけたことで、この安値は意識されると思われます。
ただ、まだ円高局面が継続であれば次の安値トライも勢いが強い可能性があり、逆に今後上に向かうのであれば押し目の深さは別にして調整の下落スイングになってくる可能性があります。
よって、まずは次の下落スイングに注目しましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180126ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足では気持ちよく反発してきましたね。
ここまでの下落が勢いが強かっただけに、それなりの巻き戻しが発生することを勘案すれば、すでに買ってしまいたいところではあるのですが、焦りは禁物かなと思っています。

というのも勢いのある下落からの反発時というのは、売りと買いが交錯し、それなりに続落期待もあることから比較的上下動する傾向になります。
もちろんV字で戻っていくこともあるのですが、V字で戻る時というのはそもそも強い下落の前の流れが強いというのが上昇トレンドなどの途中で形成されることが多いので、今回のケースでは断続的に続いた下落でついたボトムとなる可能性のある動きであることを考えると、安値のリトライの可能性が高く、まずは次の下落スイングですね。

現在の反発時の高値と直近安値でフィボナッチを引いてみると38.2%が109.27、61.8%が108.97となっています。
この2つが意識されると思われ、フラッグのような浅い押し目や戻りが多い継続パターン形成であれば38.2%、底堅い調整っぽい動きの中でもフラッグやその他の継続パターンほど底堅い印象がない場合には61.8%を目安にしたいですね。

個人的には反発最初のリトライについては、深いことが多く、さらに108円台の方が買いやすいということを勘案すれば61.8%をメインにして、その他フラッグならば浅いポイントも検討といった感じでしょうか。

このフィボナッチですがこのまま高値を更新してしまうと引き直しになるので注意ですが、いずれにしても次の下落スイングには要注目です。
また、予想に反して大陰線で安値をトライする場合には一旦様子見ですね!

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2929-4c3a0e9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT