【今日の記事】米雇用統計などを控えドル円で整理した今後のシナリオ ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

【今日の記事】米雇用統計などを控えドル円で整理した今後のシナリオ

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今日は日銀の金融政策決定会合、そして米国の雇用統計とイベントが多く、無理せず様子見の環境ですね。
そんな中、昨日からの相場環境ですがECBの理事会でユーロ下落、そして今朝のアルミと鉄鋼の輸入制限についての内容発表でドルが強くなっている印象ですね。

ドルが強くなっている状況で、今夜の米雇用統計でそれを後押しできるか?がまずは直近のポイントになってきそうです。
ドル円がそれで上に抜ければ、思ったよりも巻き戻す可能性もありそうですし、注目です。

ただ、その前の日銀金融政策決定会合で緩和の出口戦略について何等かの材料があれば、円全般高という可能性もあるので余談を許さない状況です。

まぁ、これらのイベント後の市場心理や方向感を見てという形が良さそうですね。

ちなみに今夜の米雇用統計の前回結果と市場予想ですが・・・

非農業部門雇用者数  前回:20.0万人増 市場予想:20.5万人増
失業率           前回:4.1%     市場予想:4.0%
と市場は前向きな予想となっています。

ただ賃金の伸びが若干低下するのでは?という部分があり、最近は上記2つの項目よりも賃金が意識されることがあるので、その点には注意ですね。

いずれにしても、イベントの結果次第という状況の中、ドル円は上下の意識されるポイントと、そのポイントでの注目点を方向感を絞らず考えるのが良さそうであり、今日はそのあたりをご紹介してみたいと思います。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180309ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

今朝からのドル円ですが、アルミ、鉄鋼の輸入制限について安心感が広がり、日経も反発したというのもあり、大きめに反発しています。
このまま上の流れが続き、直近の高値(107.89)などを抜けてくれば一段上にドル円は戻りと思うのですが、現状ではそこも抜けておらず、まだ値幅もあります。
逆に仮に日足でヒゲで今日を引けるという展開になれば、むしろ今までの動きが調整で、その後下という可能性もあるので、今日ここまらの動き次第といった状況でしょうか。

この日足では今日今後上に向かって引けるのか、ヒゲで引けるのかに要注目です。

そして、この日足で注目されるポイントとしては直近安値の105.23、その下の105円、上は直近高値の107.89で、このどちらかを抜けないと長期的な流れはできず、この間で推移をするのであれば、現状の状況ではこの上下どちらかの意識されるラインに引き付けるという意識が大切になりそうです。

もちろん、その手前で勢いが低下してもみ合いという可能性もあるので、フィボナッチを見ながら、その近辺での反応に注目はするのですが、基準となるのはあくまで上下の日足のポイントということで注目しておきましょう!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180309ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足ではとりあえず上昇が止められているという状況ですね。
その中で、今後大きな陰線で引けてしまうと日足の終値を待たずにドル円は弱いという印象が強くなります。

現状のポイントがフィボナッチ的に意識されやすいポイントなので、直近の陽線と同等の長さの陰線が形成される場合には
売りの検討も可能になりそうです。
ただ、今日は米雇用統計ですし、日銀の会合もあります。

無理はせずに考えたいところですね。
そうなると今は赤と青のラインで示したようなイメージのシナリオをメインにしてく、要は日足でご紹介した上下のポイントに向かって強く上昇または下落して、そこに張り付く、もしくは強く抜けるという展開ならその方向をフォロー、逆にそのポイントに向かって勢いを低下させながら近づいたり、その近辺でヒゲをつけて返されるという展開なら、反落、反発を考えるという見方です。

イベントがあり、その結果を見ないと何ともという部分があるので、少し遠目の長期の意識されるポイントを中心にしておくということですね。

その中で、今の状況であれば一旦上をトライして、結局上値を抑えられ、再度下をトライする可能性をどちらかと言えば優先したいかなと思っています。

ただし、ドル円は次の安値更新でもそれが最後の下落になる可能性もあり、特に105円を一時的にでも割り込み、達成すると、そこから状況が変わる可能性もあるので、そのあたりも含め考えておく必要がありそうですね!

それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2965-c5857d1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT