週明けのドル円本格上昇の分岐点と注目シナリオ【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】
FC2ブログ

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

週明けのドル円本格上昇の分岐点と注目シナリオ【為替 予想】

動画解説
一日一回わんこに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます(^0^)/

こんにちは、井手慶之です。

今週も終わりました!
この1週間のドル円は結果的には巻き戻す展開になっており、金曜に日銀金融政策決定会合では緩和へのスタンスに言及したことで、市場では少し円高圧力が緩和した印象ですね。
そして、米雇用統計では、これが本当に正確な数値なのか?と思えるほど雇用者数の伸びが強かったのですが、一方で賃金の伸びが鈍化したことで、動きとしては限定的となりました。

今回の雇用統計の結果は非常に悩ましいですね・・・。
最後は賃金の伸びの鈍化が意識されドル売りなんですが、これだけ強いと一定の安心感はあり、年4回の利上げペースにはならないものの、3月の利上げはほぼ確実となっており、すでに利上げはほぼ織り込まれているとは言え、今月のFOMCに向かって若干ドルが巻き戻してもおかしくはないかなという印象ですね。

その上でドル円を見てみると、やはり上値は107.89の高値を抜け、定着できるか?が一つのポイントであり、週明け以降に上に向かった場合は、まず上値へのトライの勢いや上値での反応に要注目です。

また、仮に下に向かったり、上昇後に下に叩かれ下落した場合、考えられるのは強く安値更新というよりも、安値を更新しても小幅、場合によっては安値近辺で横に推移する動きも考えられる状況です。

そういう意味では、安値トライはあっても、その後は横を前提に考えた方がよさそうです。
まず月曜のオープニング後の流れを確認する必要はあるのですが、その前にできることは現状の上下の意識されるラインの整理、そして、それを起点にした注目点やシナリオが重要であり、今日はそのあたりを含め週明け後のドル円について、ダウ、日経とともに動画にまとめてみました。
※明日のメルマガ限定動画については豪ドル円、ポンド円をご紹介したいと思っています。

ご覧になってみてください!


≪週明けのドル円本格上昇の分岐点と注目シナリオ【為替 予想】≫

https://youtu.be/CqZjWBsGStg
※再生し、画面右下に出てくる設定で画質を調整できます。
※画面右下から動画を全画面表示することも可能です!

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
画像をクリックして応援クリックをお願いします♪
動画の途中でも大丈夫で~す♪

いかがでしたか?

ドル円非常に悩ましい終わり方ですね。
圧力や流れ的にはまだ上の可能性はあるのですが、終値に向けては雇用統計後に下に向かっている事実、非常に強い雇用に対し、賃金が伴っていないという、同一指標での矛盾が一番悩ましいですね。

ただ、それでも円高圧力の緩和、それでもなお上値が重いということであれば、やはり調整である可能性を考えたく、悩ましいならシンプルに意識される横のラインを中心にという形ですね。

下での買い、上での売りと方向感を決めつけないように、シナリオの中で売り場と買い場を探し、大きく動いた場合に結果それに乗れているという状況をうまく作っていきたいですね!

それでは、よい週末をお過ごしください!

いつも応援クリックありがとうございますm(._.)m
引き続き、応援クリックをよろしくお願いします。

限定の分析動画配信中のメルマガ購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2966-2f534ad7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT