円高圧力強くドル円105円割れトライへ!?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】
FC2ブログ

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

円高圧力強くドル円105円割れトライへ!?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

円高圧力が強い印象ですね。
強い勢いがあるという感じではないのですが、断続的に圧力がかかり結果的に下方向という流れに見えます。
これといった決定的な材料はないが、全体的には不安が広がり、何もなければリスクオフという環境によくある相場環境ですね。
簡単に言えば、不透明感が強い環境によくある相場です。

そして、ドル円は先ほど106円を割り込み、105円台に入ってきています。
ここから下を追いかけるというのも、どうかな?というレート帯に入ってきた印象は強いのですが、ただ仮に今後の戻りが弱く、106円台を回復という形なら売り検討もしっかり考えていきたいですね。

ただ現状相場ではドル円だけでなく、他のクロス円も円高方向に向かっています。
よって、ドル円よりも値幅を期待できるもの、形がきれいなもの、弱いものが今後出てくる可能性もあるので、ドル円だけに固執せずに幅広く円を買う方向で考えるというのが重要になりそうです。

また、それと同時にどれも直近安値は意識される可能性が高いことから、下で反発のサインが現れ、反発してくるようであれば下での買い検討もしっかり考えておくべきだと思っています。

通常トレンドができていれば、売りなら売りに目線を傾けるのですが、今は勢いのある円高が一旦止まったという事実もあり、そう考えれば一方向にバイアスをかけるのではなく、分散させるということも重要になりそうです。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180315ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは一昨日に上ヒゲをつけてきました。
そして、昨日はそのまま陰線となり現在を向かていますが、昨日それなりに下落したことで、ここから安値をトライする可能性が高い状況になってきた印象です。

ただ、気になるのが直近の安値の切り下がりでダイバージェンスと共に安値の切り下がりが弱くなってきているため、105円近辺までに最低限のリスクリワードを確保できるようなストップ設定ができるのであれば戻り売りといった状況でしょうか。

もちろん、この形が下に勢いをつけるということもあるので、単に割安感(円高という意味では割高感)で考えるのは危険で、それ故に今は売り検討という形で、その上での注意点がリスクリワードであるということを頭に入れてですね。

また、同時に105円近辺で仮に下ヒゲをつける場合には、まずは短中期的な買いの検討ができるかもしれないですね。
基本現状相場は円が強く、ドルが弱いため、仮にそのヒゲから買いを行っても超長期的に大きく伸ばせるか?は現時点ではわからず、しれも長期調整をとる程度に終わる可能性もあるのですが、いずれにいても105円ビッグラウンドナンバーだけに要注目ですね!!!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180315ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足ではこれまで断続的に下落している状況から今朝少し勢いをつけてきました。
そこで、ここから期待したいのは青ラインで示したような続落のパターンです。

フラッグや場合によってはペナントの可能性もあるのですが、勢いや圧力が強いようであれば、いずれにしてもジリ上げか、下に張り付き小幅にしか調整しない形になるので、その点を考慮して戻り売りのポイントはないか?に注目しておきましょう。

そして下値のターゲットですがとりあえず105円近辺、直近の安値を結んだラインなどを見ながら考え、そこに向かって勢いが低下する、下ヒゲで跳ね返るという形になるようなら、反発も考えないといけないかなという状況ですね。

正直ドル円は105円がある以上は、値幅が場合によっては限定的という印象があります。
※ブレイクすれば大きいのですが・・・

そういう意味では他のクロス円もしっかりチェックして、取れる利幅がどの程度なのか?もトレード判断する上で考慮することが重要になってきそうですね。

ドル円、クロス円の上下のポイントを整理してみましょう!!!
それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2970-5243397e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT