ドル円エリオット波動 ダイアゴナルトライアングル?【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】
FC2ブログ

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

ドル円エリオット波動 ダイアゴナルトライアングル?【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

昨日は米国と中国間で貿易交渉が行われるという報道などがあり、相場の環境に変化があり、ダウなどは大きく反発しました。
それに伴って為替市場もリスクオフが緩和され反発ですね。

ダウの反発を見ていると、あまりにも急激な反発で、これはこれで市場には迷いがあり、すぐに違う方向に飛びつく、神経質な環境なんだなという印象があり、注意は必要かなという印象なのですが、いずれにしてもドル円も上に戻っており、今後は上値の目安を少し修正しながら今の上昇から下をトライする展開を待つ、場合によっては今の上昇から、または次の下落から買い場を探すという感じでしょうか。

下一辺倒だったところから、少しバイアスを変えたいところですね。

ただ、それでも現状では円が単体で強いという事実もあり、それはそれでしっかりと考慮しておきたい事実で、まさにトレンド終期には差し掛かってきている印象は強いのですが、かといって反発のタイミングを計るのが難しい相場といえそうです。

その中で、ドル円で少し気になるのがここ最近の安値を更新しながらも直近のワンスイングに対する戻りの深さですね。
エリオット波動的な観点からも少し形に違和感があるものの、トレンド最後に形成されるパターンにも見えるので、その点も含め今日はご紹介していきたいと思います。

それでは、今日ここまでのドル円を見てみましょう。


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180327ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

この日足チャートでは昨日の日足で金曜の陰線よりも大きな陽線をつけてきました。
このパターンが現れると、そのトレンドでは次のスイングに移行することが多いので、日足で一旦上にスイングを移行した可能性が出てきましたね。

その中で、気になるのがここ最近のドル円は反発しても、直近の下落スイングに対して深く戻り、結局その後下落して安値を小幅に更新という流れを繰り返していることです。

これが繰り返されるということであれば、今回もある程度上昇すれば、再度下落する可能性が考えられ、現在の下落の高値を結んだライン近辺には要注目ですね。

また、エリオット波動的な観点から気になるのが形はあまりきれいではないのですが、見方によっては現在昨年の11月の高値からエリオット波動の5波波動が進んでおり、その中で現在は5波で、その5波がダイアゴナルトライアングルを形成しているように見えることです。

ダイアゴナルトライアングルにしては安値の切り下がりが少し大きいかな?という印象もあるのですが、仮にこれがダイアゴナルトライアングルにしても、まだあと1スイング下がありそうなので、その点には注目したいですし、エリオット波動を考慮しなくても深い戻りから反落を繰り返す展開であることを勘案すれば上では売りの検討は引き続き考えておきたいですね。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180327ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足チャートでは、比較的検証に上昇をしており、上値重いジリ上げとは少し違う動きに見えますね。
そう考えれば、今後ドル円は多少戻る可能性があり、場合によってはここから短期買い検討も可能になるかもしれないですね。

もちろんきれいな続伸パターンを形成すればとなりますが、形成なら可能は可能かなという印象です。

ただ、同時にやはり上での売りは検討しておきたく、そうなるとこの240分足では上値のダイバージェンスには注目してく、現状では比較的強く、さらにRSIが70もつけていないことを勘案するとフィボナッチ61.8%の106.26近辺までは上昇する可能性がありそうです。

そう考えれば、パターンを形成すればという限定で、そこに向かったドル円の短期買い、上で売りの検討ができるかもしれないですね。

また、日足でご紹介したダイアゴナルトライアングルだったり、それとは別にしても現在がトレンド終期という形であればドル円が下落して、直近の安値を更新した後は比較的早い段階で反発する可能性があります。

そこで反発のサインが形成されるようならその近辺での買いの検討もしておきたいですね。
それでは、今日も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2980-170dd8e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT