週明けのドル円続落パターンと2番底形成の可能性に注目【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

週明けのドル円続落パターンと2番底形成の可能性に注目【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今週も始まりました。
週のスタートとしてはドル円の上値が重く見えますね。

まぁ、先週の米雇用統計の結果を日本やアジアが織り込んでいない状況で、さらに中国と米国間での貿易問題が相場の重しとなっていることを勘案すれば、この上値の重さも納得ですね。

ただ、今回の弱い米雇用統計の結果について市場はどこまで悲観的に見ているのでしょうか?
内容的に市場は、これをそこまで悲観的にみているという様子はなく、むしろ賃金の伸びは増加したことから前向きに捉えている市場参加者もそれなりにいるようです。

何か、今回の弱い結果については中国と米国の貿易問題に対する懸念がある中で、ドル円が弱くなるきっかけが雇用統計という印象が強く、この状況であれば更に両国の関係が悪化する、懸念が広がるという状況にならない限りはドル円が現状ですぐに安値を更新するという状況ではない気がしますね。

一方で今朝の動きを見れば思ったよりも上値が重いのも事実であり、そのあたりをどう考えるか?ですね。
先週の動きでドル円は107円を一時抜け下降トレンドは終了、だからと言ってそのまま上昇トレンドに転換というのも時期尚早で、横の可能性も考え、横に向かえば、その後下という可能性もあるのですが、まずは様々なシナリオの中で、そのシナリオ同士で重なる部分はどういった動きか?ということを考え、絞っていくのがよさそうです。

現状相場は不安定でボラティリティが高まる相場なので、振らされるリスクもあるので、その中でポイントを絞って考えていきたいですね。

それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180409ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

このドル円日足チャートですが、先週の上昇により緑の丸で囲った高値を上抜けてきました。
これにより、これまで高値が切り下がっている状況が終わり、下降トレンドの終了ですね。

ただ、下降トレンドは終了しましたが、これが上昇トレンドへの転換を示すかはまだ分からず、可能性としては下降トレンドが終了した後、横ばいに推移し、その後上または下に動きだす可能性があります。

よって、また下の可能性は残っている状況です。

また、仮にここから上昇トレンドに転換していくにしても、下降トレンドの最安値(104.50)をリトライしてから上に転換していく可能性があり、そうすれば104円台までの下落はないにしても105円台や106円近辺までの下落の可能性はあります。

事実この日足チャートを見ていると先週木曜までは強めに上昇していたのですが、雇用統計の結果を受けてそれなりに陰線をつけており、このパターンだと、この日足で一旦下へのスイングに移行する可能性が出てきています。

そう考えれば、短期足で続落パターンが形成されれば安値手前までの短中期の売り検討はできるものの、下に向かった場合は高値を切り上げた事実を勘案し、安値も切り上げ上昇トレンドまたは横ばいに移行する可能性を考え、下では買いを検討したい状況ですね。

この可能性を少し細かく240分足チャートで見てみましょう。


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180409ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足では先週の金曜に雇用統計で下落してきました。
それまでは、比較的強い上昇ではあったのですが107円を上抜けることができなかったこと、さらに貿易問題等もあり、現状では上値が非常に重い展開に見えます。

よって、仮に今後赤ラインのように今後上に向かってじりじりと上昇する続落パターンを形成するようなら戻り売りの検討ができそうかなというところですね。

ただ、これがメイン戦略か?と考えると、そうではなく下に向かった場合には下で買いの検討は考えておきたいですね。
というのも仮に今後ドル円が下に向かって下落しても、105円を一時割った安値は相当に意識される可能性があり、最終的には下に抜ける可能性はあるものの、現在の状況ではサポートされる可能性も考えておく必要があるかなと思っています。

要は日足で2番底をつけ反発するパターン、今後横ばいに推移する中で安値手前でサポートされる可能性を考えておくということですね。

そこで下値の意識されるポイントですが、直近の上昇、それぞれにフィボナッチを引いてみると106円後半からミドルに意識されるゾーンが一つ、さらに106円近辺に一つ、最後に105円台に一つ意識されるゾーンがあります。

その中で浅いポイントでサポートされる可能性も考えられるのですが、今の上値の重さを考えると、もう少し下まで引き付けたいという部分があるため、106円から105円台でのサポートをメインに買い場探しという目線をもっておきたいなと思っています。
ただ下での買いを考える上で注意すべき点は警戒感が強いだけに下落の勢いが強い場合には様子見を選択することですね。

ちなみにこのまま上昇していく可能性もないわけではなく、仮にこのまま下値のポイントを付けられず上昇した場合で、勢いが強い場合には先週高値を抜けて、なお上に張り付く場合には短期足での続伸パターンに注目ですね。

いずれにしても、まずは様々なシナリオを用意し準備することが重要ですね。

それでは、今週も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/2991-074eef0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT