イベント目白押しで週明け注意すべきドル円ポイント【為替 予想】 ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

ここ掘れワンワン!「井手慶之のFX為替予測研究所」【為替 予想】

【為替 予想】FXトレーダーとしてセミナー講師も行う井手慶之が相場観やトレード情報を提供します。トレードに役立つ情報からFXの上達に役立つ情報までコツコツ分かり易く説明します♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

mmgb3 

≫ EDIT

イベント目白押しで週明け注意すべきドル円ポイント【為替 予想】

にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村
応援クリック用わんこ画像を用意してみました。
画像クリックしてみてください。
動きませんが内心、いやっ心から喜びます^^
『ワンワン♪』


こんにちは、井手慶之です。

今週始まりましたね。
米朝首脳会談、FOMC、ECB理事会、日銀金融政策決定会合などなど、今週は注目もイベント多数ですね。
そして週末にかけて開催されたG7も米国と他国の溝は埋まらず、FOMCや米朝首脳会談は期待されているものの、一方で大きなリスクオフ材料も存在するという印象でしょうか。

FOMCに関しては今回の利上げはほぼ確定的と見られており、さらに今回の声明で年4回の利上げの可能性示唆の期待も高まっているので、米国経済についてはかなり市場は好感しているようです。

ただ、これだけ強気な意見が多いとどこまで織り込んでいるんだろう?という部分が疑問で、ドル円も上に向かう局面がFOMC手前や発表時に起こる可能性はあるものの、織り込み終われば一旦反落は考えておいた方がいいかなと思っています。

もちろん現状では仮にドル円が下に向かっても、どこまで下落するか?が不透明な状況なので、大きめに下落した場合、下値の意識されるラインでは買いも検討する必要はありそうですが、とにかくイベントの結果、市場の反応次第ということであれば、もう流れができたら乗ってみる、反落、反発サインがあれば乗っているくらいの感じの方がうまくいくのかもしれないですね。

この1週間は打診のつもりで考えるくらいでもいいのかもです。

いずれにしても、ドル円はまず上下のポイントを整理し、そこに向かう勢いや、そこでの反応に要注目ですね。
それでは、ここまでのドル円チャートを見てみましょう!


ドル円日足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180611ドル円日足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

ドル円日足チャートです。

今朝ドル円は若干下でスタートしました。
その要因としては、G7での混乱で米国と他国の溝は埋まらなかったのが要因で、そのせいで若干のリスクオフスタートということでしょうね。

そして、その後は上に向かってはいるものの、上値は非常に重い展開に見えます。
もちろんイベントを控え、今後動きが出来難い可能性もあるので、今後は一定横に推移する可能性はあるのですが、仮に今後ドル円が上に向かいじりじりと上昇する、その中で反落のサインやブレイクが起こるのであれば売り検討も可能になりそうです。

ただ、仮に米国が利上げを行うとその後反落するにしても、一旦はFOMCで反発して、ヒゲで返される等の動きが考えられそうです。
よって、その動きで事前の売りが刈られる可能性もあることを考えれば、欲張るのは厳禁、FOMCを超えて保持することを勘案するにはその前にある程度伸びていることが条件になりそうですし、FOMCでのヒゲをメインに考えるでもよさそうです。

また、このまま下落していってしまう可能性もありそうですね。
今の段階から買いというのは難しいと思われますが、ここからある程度下落するようであれば買い易い可能性があります。

それを勘案すれば108円台は注目したく、まずは110円、108円台という部分に注目しておきたいですね!


ドル円240分足チャート(クリックするとチャートが大きくなります)
180611ドル円240分足
よろしければ応援クリックをお願いします!
為替日記ランキング
人気ブログランキングへ

続いてドル円240分足チャートです。

この240分足チャートですが高値から下落して先週を終えた状態で、先週の終値前から現在に向かっては横に向かっている印象ですね。

今の段階ではどこまで上昇するのか?そもそも上に向かうのか?下に向かうのか?というのがわからないというのが正直なところです。

よって、現状この240分足では完全に待ちの状況ですね。
トランプ大統領がG7での首脳宣言を承認しないことを示唆、これ自体は下落材料ですし、一方で米国に対する楽観的な見方、期待も大きい状況で、それらが引き合う可能性があります。

それであれば、ここから一定動き、そこでの反応を中心に考えた方がよさそうですし、場合によってはFOMCの内容や市場の反応をしっかり見てからの方がよさそうです。

確かに早めに入ることで動きに乗れるという部分があるのですが、大きな動きが発生しても、それ以上に問題なのは、それが長期的に継続するのか?という部分で、長期的に継続するようなら、初動前から必ずしも乗る必要はなく、それは頭に入れておきたいですし、トライするにしても打診程度で考える方が良さそうです。

いずれにしても、無理をすることはなく、しっかり様子を見ていきましょう!
それでは、今週も頑張りましょう!

無料メルマガで相場情報配信中!!!
メルマガ限定のその時々の詳細分析解説動画、ブログアップのお知らせや、相場情報、その他様々な情報をメルマガにて配信します。

まだ登録したことがない方も是非是非メルマガ会員登録をお願いしますm(._.)m

無料メルマガの購読は下記からお申込みください♪

お名前(必須、名字のみ可)
メールアドレス(必須)

※メルマガ登録時のお名前入力について
入力禁止文字や同じ文字の連続するお名前、アルファベット単文字等、お名前によっては登録できません。

わんこのブログに応援クリックをお願いしま~す♪
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
にほんブログ村

| 為替 予想 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tradeken.blog64.fc2.com/tb.php/3046-457fc25e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT